「心臓/血管」の記事一覧

飲酒は<心のリズム>も左右!? <ビール祭り>で判明した酒と不整脈の関係とは?

何か辛いことがあった夜や、忘れてしまいたいことがある時、成人の多くはグラスを傾ける。しかし、やがて飲み潰れて眠るまでの酒量には個人差があるだろう。その日の体調やメンタル面、飲酒歴によっても重ねる杯の数は違ってくるだろう。 だが、そんな特別なシチュエーションとは関係な…続きを読む

飲酒は<心のリズム>も左右!? <ビール祭り>で判明した酒と不整脈の関係とは?

ヨガで血圧が下がる! サッカー・長友佑都選手も実践~再評価でブームが到来か?

泳いだり、走ったり、散歩や自転車を漕ぐのも億劫な性質ではあるけれども、ヨガや太極拳ならば優雅そうで、意外と向いているのではないか……。 そう思いつつ今年もいずれかにトライするわけでもなく、暦の残り日数をため息まじりで数えているアナタ。インドはデリー発の次の知見を一読し、…続きを読む

ヨガで血圧が下がる! サッカー・長友佑都選手も実践~再評価でブームが到来か?

やはり危ない「濃いめの味が好き」! 食塩「小さじ半分」で死亡リスクが12%アップ

「健康のためには、塩分は控えないと……」と思いつつも、ついつい酒の肴に塩辛いつまみを選び、ラーメンやファストフードもやめられない。そんな人はたくさんいるだろう。そう、塩気の強い食べ物は後を引く。 だが、その食習慣も、いよいよ考え直すときが来たかもしれない。 今月初旬…続きを読む

やはり危ない「濃いめの味が好き」! 食塩「小さじ半分」で死亡リスクが12%アップ
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志