「生活習慣/アレルギー」の記事一覧

日本糖尿病学会の食事指導は本当に正しい? 患者は炭水化物をメインに食べるべき!?

健康診断で「血糖(ブドウ糖)が基準値からはずれているよ、病院に行きなさい」と言われたことがある人は少なくないと思います。 血糖値が基準から外れてしまう病気の代表的なものに「糖尿病」があります。糖尿病とは、血糖値が高くなることで血管が傷んでしまい、さまざまな症状が出る病気…続きを読む

日本糖尿病学会の食事指導は本当に正しい? 患者は炭水化物をメインに食べるべき!?

花粉症女性の6割がメイク崩れで<残念目元>に~この時期を乗り切る対策アイテムは?

いよいよ花粉シーズンの幕開けである。通勤電車内でも、マスクをしている人を多く見かけるようになった。 この時期に悩まされる「スギ花粉症」にかかっている人は、およそ3000万人と言われる。なんと日本人の4人に1人は罹患しているということで、国民病と言われる所以だ。 日本…続きを読む

花粉症女性の6割がメイク崩れで<残念目元>に~この時期を乗り切る対策アイテムは?

アナタのその1缶、大丈夫? 糖分入りの清涼飲料水で糖尿病の前兆に!

炭酸飲料などの糖入り飲料の肩身が、ますます狭くなりそうだ――。 すでにこれらの飲料は、肥満や糖尿病のリスクになることが知られているが、WHO(世界保健機関)は今年10月、糖分の多い飲料に対する課税、通称「ソーダ税」の各国への導入を勧告した。 米国やメキシコの一部の州…続きを読む

アナタのその1缶、大丈夫? 糖分入りの清涼飲料水で糖尿病の前兆に!
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛