「骨/関節」の記事一覧

高齢者の腰痛に社会的格差との深い関連指摘 慢性腰痛の原因となるストレス

「頭痛がする」「足腰が重い」「起き上がるのが辛い」「立ち上がる時に腰や背中が痛む」。日本人の腰痛の生涯有病率はなんと83%! 体幹筋機能の低下は腰痛の発症やQOLの低下につながる。特に高齢になればなるほど、腰痛は深刻化する。 東北大学大学院国際歯科保健学の杉山賢明氏らの研…続きを読む

高齢者の腰痛に社会的格差との深い関連指摘 慢性腰痛の原因となるストレス

スマホの普及で急増の自律神経性うつ 「首こり病」治療で改善する!

うつ病や双極性障害(躁うつ病)など、いわゆる「気分障害」にかかる20〜30代が激増している。原因は「ストレス社会」などと言われているが、実は「スマートフォンの普及と気分障害の増加は正比例」している。 スマホを使用するようになると、人は長時間、うつむき気味の姿勢で画面を見…続きを読む

スマホの普及で急増の自律神経性うつ 「首こり病」治療で改善する!

肩凝りを「肩甲骨はがし」で治す! セルフケアのポイントは「伸ばす・動かす・鍛える」

今やマッサージ、ストレッチ業界のトレンドキーワードとなりつつある「肩甲骨はがし」。そのネーミングから、多くの現代人が悩む「肩凝り」を治す絶対的なイメージを抱かせる。 当サイトでも「いま流行の「肩甲骨はがし」とは? 「肩凝り」の解消効果は本当か?」と題して紹介した。今回は…続きを読む

肩凝りを「肩甲骨はがし」で治す! セルフケアのポイントは「伸ばす・動かす・鍛える」
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆