「2014年10月」の記事一覧

最初につまずくと修正しづらい介護~その 「入り口」を間違えないために

上司や部下だけでなく取引先からも人望の厚かった有能な社員が、退社しなくてはならなかった理由は親の介護だった――。 いまビジネスの世界で問題になりつつある「介護による離職」。これを食い止めるにはどうしたらよいのか? 介護者の支援事業を行うNPO法人「介護者サポートネットワ…続きを読む

最初につまずくと修正しづらい介護~その 「入り口」を間違えないために

4人に1人がかかる認知症、新たな予防法発見?長寿遺伝子「サーチュイン」とは?

【ビジネスジャーナル初出】(2014年10月) 高齢化が進むとともに増えている認知症患者。厚生労働省の調査によると、平成24年の時点で推計462万人、認知症になる可能性がある軽度認知障害の65歳以上の高齢者も約400万人いると推計され、高齢者では4人に1人が認知症の予備軍だ…続きを読む

4人に1人がかかる認知症、新たな予防法発見?長寿遺伝子「サーチュイン」とは?

NASAが「睡眠障害」を解決する!?  宇宙飛行士が抱える寝不足問題の原因とは?

一般人の宇宙旅行も、そう遠くない将来に実現しそうである。ただし、睡眠障害をわずらうというリスクはありそうだ。 これまで宇宙に飛び立ってきた宇宙飛行士たちは、かなりの睡眠障害に陥ってきた。このほどNASA、(アメリカ航空宇宙局)が資金を提供して行われた研究によって、宇宙飛…続きを読む

NASAが「睡眠障害」を解決する!?  宇宙飛行士が抱える寝不足問題の原因とは?
外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志