「2015年7月」の記事一覧

都民75%が「五輪前に喫煙規制の推進を!」 副流煙で脳卒中リスクが30%上昇!?

5年後に迫った東京オリンピック・パラリンピック(2020年)に向け、喫煙規制の問題が注目されている。近年、五輪開催都市は、大会にあわせて受動喫煙防止の罰則付きの法令を設けている。ところが、東京都の検討会は判断を先送りしている状態だ。 国立がん研究センターは、今年3月に…続きを読む

都民75%が「五輪前に喫煙規制の推進を!」 副流煙で脳卒中リスクが30%上昇!?

"チョイ漏れオヤジ"のための尿ケア用品が活況! なんと40歳以上の12.4%が排尿障害

「憚り(はばかり)」「雪隠(せっちん)」「花摘み」など、「トイレ」を意味する言葉に敏感な日本人。子どもの頃の「おねしょ」や「おもらし」であれば誰もが経験することだが、そこまでの大事には至らなくても、軽い「尿漏れ」に悩んでいる大人は多い。 ユニ・チャームの実施したインター…続きを読む

DNA鑑定秘話〜アメリカ炭疽菌テロ事件の犯人は、DNA異常の「消印」をたどっていれば逮捕できた!?

2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が発生。その衝撃が覚めやらぬ9月18日と10月9日に、大手テレビ局、出版社、上院議員に、炭疽菌が入った容器を封入した手紙が届く。手紙には「次はお前だ すぐペニシリンを用意しろ アメリカに死を イスラエルに死を アラーは偉大なり」…続きを読む

DNA鑑定秘話〜アメリカ炭疽菌テロ事件の犯人は、DNA異常の「消印」をたどっていれば逮捕できた!?
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛