「2015年1月」の記事一覧

何が問題か? 遺伝子検査ビジネスに対する期待と不安

世界各国の企業がしのぎを削る「遺伝子検査ビジネス」。前回は、遺伝子の基本的な仕組みについて説明した。今回から3回に分けて、DTC(消費者向け)遺伝子検査の問題点を洗い出す。 その前に、まずはDTC遺伝子検査は何を検査するサービスなのかを理解しておこう。DTC遺伝子検査の…続きを読む

何が問題か? 遺伝子検査ビジネスに対する期待と不安

日本は世界有数の医療機器供給国になれる!カギは次世代内視鏡の映像技術

高齢化が進んでいるのは何も日本だけではない。先進各国ではほぼ同様の道をたどり、一方の新興国では人口が増加し続ける。いずれにしても医療の需要はますます拡大し、今や医療機器の世界市場は約8%の成長率を維持している。ちなみにその市場規模は約20兆円(2007年)から約45兆円(2…続きを読む

日本は世界有数の医療機器供給国になれる!カギは次世代内視鏡の映像技術

視覚と聴覚の情報統合をさえぎる「歩きスマホ」の危険性

近年、歩いたり自転車に乗ったりしながら携帯電話やスマートフォンを操作する「歩きスマホ」による事故が、年々増加している。 東京消防庁の調べでは、2013年に「歩きスマホ」で事故に遭い救急車で搬送された人が東京都内で36人。この数は2010年の約1.5倍で、過去4年間で最…続きを読む

視覚と聴覚の情報統合をさえぎる「歩きスマホ」の危険性
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真