「2015年1月」の記事一覧

何が問題か? 遺伝子検査ビジネスに対する期待と不安

世界各国の企業がしのぎを削る「遺伝子検査ビジネス」。前回は、遺伝子の基本的な仕組みについて説明した。今回から3回に分けて、DTC(消費者向け)遺伝子検査の問題点を洗い出す。 その前に、まずはDTC遺伝子検査は何を検査するサービスなのかを理解しておこう。DTC遺伝子検査の…続きを読む

何が問題か? 遺伝子検査ビジネスに対する期待と不安

日本は武器輸出国になるより世界有数の医療機器供給国になれる

高齢化が進んでいるのは何も日本だけではない。先進各国ではほぼ同様の道をたどり、一方の新興国では人口が増加し続ける。いずれにしても医療の需要はますます拡大し、今や医療機器の世界市場は約8%の成長率を維持している。ちなみにその市場規模は約20兆円(2007年)から約45兆円(2…続きを読む

日本は武器輸出国になるより世界有数の医療機器供給国になれる

視覚と聴覚の情報統合をさえぎる「歩きスマホ」の危険性

近年、歩いたり自転車に乗ったりしながら携帯電話やスマートフォンを操作する「歩きスマホ」による事故が、年々増加している。 東京消防庁の調べでは、2013年に「歩きスマホ」で事故に遭い救急車で搬送された人が東京都内で36人。この数は2010年の約1.5倍で、過去4年間で最…続きを読む

視覚と聴覚の情報統合をさえぎる「歩きスマホ」の危険性
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘