「芸能」の記事一覧

西城秀樹さんに学ぶ脳卒中の予防法〜脳卒中の警告サインは「F.A.S.T」

米国脳卒中協会(ASA)では毎年5月を「脳卒中月間(American Stroke Month)」と定めている――。そう伝える外電も、この5月に西城秀樹さん(享年62)の訃報に接していなければ、読み飛ばす類いだったかもしれない。 だが、そのニュースに目が止まったのは、西…続きを読む

西城秀樹さんに学ぶ脳卒中の予防法〜脳卒中の警告サインは「F.A.S.T」

早逝・西城秀樹さんが晩年闘った脳梗塞~「死にたくなるほど辛かった」理由とは?

5月17日、西城秀樹さん(享年63)の臨時訃報が飛び込んで以降、TV各局では、最初の脳梗塞発症(48歳)時からリハビリに励む映像が繰り返し流された。 その闘病姿は、若い頃から人一倍カッコよさにこだわって大衆を魅了してきた大物スターの、あまりにも潔い病後の赤裸々像であり、…続きを読む

早逝・西城秀樹さんが晩年闘った脳梗塞~「死にたくなるほど辛かった」理由とは?

加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」を米食品医薬品局が否定!?

1964年に「The Times They Are a-Changin'(時代は変わる)」と歌ったのは、かのボブ・ディランだ。 一方、半ばドヤ顔気味に「This changes everything(これがすべてを変える)」と、紙巻きタバコ派からの転向を煽っているのは、…続きを読む

加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」を米食品医薬品局が否定!?
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛