「腎臓/泌尿器」の記事一覧

「夜中のトイレ」をなくす方法~減塩したらオシッコの回数も減った!

減塩したらオシッコの回数も減る!?(depositphotos.com) 新年度、新生活の疲れも出始める頃。「春眠暁を覚えず」とはいえ、寝床から出るのがつらい人は、よく眠れていないかもしれない。 熟睡を妨げる原因のひとつに、寝ていてもトイレに行きたくなり、つい起きてしま…続きを読む

「夜中のトイレ」をなくす方法~減塩したらオシッコの回数も減った!

70代の男性30%・女性15%が「夜間頻尿」の悩み! 排尿障害で死亡率が2倍も高くなる!

毎日新聞医療プレミア『病気を知るDr.堀江重郎の健康羅針盤 本当は怖い頻尿の話』によれば、就寝中にトイレに起きる回数は、50歳以上の中年以上なら1回が標準。だが、3回以上起きる「夜間頻尿」は、高齢者の寿命を縮める可能性がある。夜間頻尿の人は、70代なら男性のおよそ30%、女…続きを読む

70代の男性30%・女性15%が「夜間頻尿」の悩み! 排尿障害で死亡率が2倍も高くなる!

酒の飲み過ぎで危険なのは肝臓だけではない! 膵臓・胃腸・心臓に及ぼすリスクの実態

酒の飲み過ぎは肝臓によくない! では、膵臓、胃腸、心臓、脳、神経系、筋肉系、骨格系、ホルモン系、生殖系などへの影響はないのか? 今回は、酒が、膵臓、胃腸、心臓に及ぼす甚大な障害やリスクを噛み砕いて話そう。危ないのは肝臓だけじゃない! 酒の飲み過ぎは膵臓も窮地に追…続きを読む

酒の飲み過ぎで危険なのは肝臓だけではない! 膵臓・胃腸・心臓に及ぼすリスクの実態
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志