「腎臓/泌尿器」の記事一覧

修復腎移植~あまりにも長すぎた先進医療の審査。バトンは次の世代に

さる7月5日(水)、厚労省「第66回先進医療会議」が修復腎移植を先進医療として承認したという報道に接した。ドナーの選定会議に関係学会の有識者を入れるなどの、付帯条件は付いているが、主たる抵抗勢力だった4学会(日本移植学会、日本臨床腎移植学会、日本腎臓病学会、日本透析医学会)…続きを読む

修復腎移植~あまりにも長すぎた先進医療の審査。バトンは次の世代に

「完璧ではない腎臓」の移植が透析より優れた選択肢に~捨てられる臓器が泣いている!

何らかの疾患がある高齢のドナーから提供された“準最適(suboptimal)”な腎臓であっても、移植後の機能はこれまで考えられていたよりも優れていることを示した研究結果が「Journal of the American Society of Nephrology」7月6日オ…続きを読む

「完璧ではない腎臓」の移植が透析より優れた選択肢に~捨てられる臓器が泣いている!

70代の男性30%・女性15%が「夜間頻尿」の悩み! 排尿障害で死亡率が2倍も高くなる!

毎日新聞医療プレミア『病気を知るDr.堀江重郎の健康羅針盤 本当は怖い頻尿の話』によれば、就寝中にトイレに起きる回数は、50歳以上の中年以上なら1回が標準。だが、3回以上起きる「夜間頻尿」は、高齢者の寿命を縮める可能性がある。夜間頻尿の人は、70代なら男性のおよそ30%、女…続きを読む

70代の男性30%・女性15%が「夜間頻尿」の悩み! 排尿障害で死亡率が2倍も高くなる!
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太