「食品」の記事一覧

安全性が疑われる添加物の大量使用。うまく付き合うための3原則とは?

「危害が出ていない」ということと、その食べ物が「安全」であるということは、はまったく違うshutterstock.com なぜ安全性が疑問視される添加物が使い続けられているのだろうか――。それは「明確な被害」が出ていないからだ。 食べてすぐに体に異常をきたすのであれば、…続きを読む

安全性が疑われる添加物の大量使用。うまく付き合うための3原則とは?

「デカフェコーヒー」 でカフェインのコントロール

ビジネスパーソンの中には、日中のパフォーマンスをアップさせるため、一日中コーヒーを手放せない人は少なくない。目覚めの一杯から始まり、出社して一杯、ランチ、ミーティング、デスクワーク、残業中に......。 コーヒーに含まれるカフェインには、ご存じのとおり覚醒作用や集中…続きを読む

「デカフェコーヒー」 でカフェインのコントロール

チアシードはダイエット効果がある? 実際に20日間試してみた!

アサイー、キヌア、カムカム、Kombucha(紅茶キノコ)など、世間で次々に話題になる健康食品。「食べるだけで美と健康が手に入る」「海外セレブも愛用」というキャッチフレーズにつられ、つい手を出してしまう人も多いのではないだろうか。 最近、評判になっているのが「チアシード…続きを読む

チアシードはダイエット効果がある? 実際に20日間試してみた!
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆