「2016年6月」の記事一覧

がん治療、免疫チェックポイント阻害剤の有効性を高める新たな発見〜1万例を超えるゲノム解析データからわかったこと

がんは今や、国民の2人に1人が罹患する、大変身近な疾患となっています。診断技術や治療の進歩によって一部のがんでは著しい治療成績の向上が認められるものの、いまだにがんの多くが不治の病であることは、国民の3人に1人はがんで死亡するという数字にも表れています。とくに多くの進行がん…続きを読む

がん治療、免疫チェックポイント阻害剤の有効性を高める新たな発見〜1万例を超えるゲノム解析データからわかったこと

20〜30代の「更年期障害」の治療法は? 女性ホルモン(エストロゲン)や漢方薬はどう使うのか?

更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。その症状と原因、治療、予防について、ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師に訊いた。若年性更年期障害の治療法は…続きを読む

20〜30代の「更年期障害」の治療法は?  女性ホルモン(エストロゲン)や漢方薬はどう使うのか?

薬物とセックスの強烈な依存! 高知東生が愛人と逮捕~実態は“介護ヒモ”だった?

有名人の覚せい剤、違法薬物の使用のニュースがあとを絶たない。 昨年6月末に所属事務所を辞めてから一年を待たずして、元俳優の高知東生容疑者(51)が関東信越厚生局麻薬取締部に捕まった。 24日午前、ホステスの女性(33)と横浜市内のラブホテル室内で覚せい剤約4gと…続きを読む

薬物とセックスの強烈な依存! 高知東生が愛人と逮捕~実態は“介護ヒモ”だった?
トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆