「2016年3月」の記事一覧

糖尿病による下肢切断は年間2万本 「足ならなんでも診る」専門クリニックが切断に歯止めをかける!

東京・表参道にある「足のクリニック表参道」は、足の痛みや変形に特化した、日本で初めての足専門クリニックである。米国のポダイアトリー(足病学)に基づき、形成外科、整形外科、皮膚科、血管外科などのドクターたちがチーム医療で診療にあたっている。 世界では、30秒に1本の足が、…続きを読む

糖尿病による下肢切断は年間2万本 「足ならなんでも診る」専門クリニックが切断に歯止めをかける!

山口智子さんの「産まない選択」に励まされた女性たち〜一方で卵子の凍結保存を推進する時代?

人気女優の山口智子さん(51)が、女性誌『FRaU(フラウ)』2016年3月号のインタビューで「子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも一片の後悔もないです」と告白し、大きな反響を呼んだ。 山口さんは1995年に人気俳優の唐沢寿明さん(52)と結…続きを読む

山口智子さんの「産まない選択」に励まされた女性たち〜一方で卵子の凍結保存を推進する時代?

いまだにいる「オレの流儀で“シートベルトはしない”」!? 明暗を分ける「後部座席の着用」

今年も『春の全国交通安全運動』(4月6日~15日)の季節が近づいてきた。内閣府が掲げる2016年の運動基本は「子供と高齢者の交通事故防止」、重点は下記の3本柱である。①自転車の安全利用の推進(特に自転車安全利用五則の周知徹底)②後部座席を含めた全ての座席のシートベルト…続きを読む

いまだにいる「オレの流儀で“シートベルトはしない”」!? 明暗を分ける「後部座席の着用」
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛