「薬」の記事一覧

ドラッグ&セックスの「キメセク」は本当に気持ちいい? 射精が困難になる薬物も!

押尾学、酒井法子(2009年)、ASKA(2014年)、高知東生(2016年)……。近年、薬物の使用・所持で逮捕された芸能人たちだが、これらのケースには共通点がある。それは、カップルで使用していることだ。 押尾学は、六本木ヒルズの一室でクラブホステスとMDMAを使用して…続きを読む

ドラッグ&セックスの「キメセク」は本当に気持ちいい? 射精が困難になる薬物も!

「セルフメディケーション税制」がスタート!OTC医薬品1万2000円以上の購入を所得控除

セルフメディケーション税制が、2017年1月1日からスタートする。いったいセルフメディケーション税制って何だろう? バカにつける薬はない。そんな重宝な薬があってもなくても、風邪を引いたらパブロンや龍角散、熱が出たらバファリンやロキソニンに自然と手が伸びる。それが常人の賢…続きを読む

「セルフメディケーション税制」がスタート!OTC医薬品1万2000円以上の購入を所得控除

ゴホンといえば龍角散。実はひそかにキメる薬として愛用されていた!?

「ゴホンといえば龍角散」――。このキャッチコピーを知らない人は、まずいないだろう。龍角散は、江戸時代に殿様の喘息薬に処方された、龍骨、鹿角霜、龍脳がルーツらしい。のどに特化した異色の会社は、社名も「龍角散」だ。「儲けより人のためになるものを作る」が社是とか。大気汚染大国・中…続きを読む

ゴホンといえば龍角散。実はひそかにキメる薬として愛用されていた!?
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛