「ヘルスケア」の記事一覧

女性の薄毛・抜け毛に効果的な治療法は確立されているのか?

ヒトはなぜ薄毛になるのだろうか? 女性は30代から毛髪に変化が起きやすくなり、薄毛に悩む女性はこの10年間だけでも急増しているという。 女性が薄毛になる原因は、人間関係のストレス、運動不足、薬物、過度なダイエットから、喫煙、遺伝、栄養不足、病的要因、過度な飲酒、頭皮トラ…続きを読む

女性の薄毛・抜け毛に効果的な治療法は確立されているのか?

炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」

このところ、各飲料メーカーが新しい炭酸水商品を投入している。かつてウイスキーなどの割材として消費されていた無糖炭酸水が、直接飲みの商品として市場を急速に拡大している。「第二次炭酸ブーム」という言葉さえ聞こえてくる。 しかし、炭酸水という言葉や商品名が急速に広がる中で、そ…続きを読む

炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」

座りすぎで死亡リスクが上昇する「14の病気」が判明! 2分間立つだけでも改善?

座って過ごす時間が1日当たり6時間以上の人では、3時間未満の人と比べて早期死亡リスクが19%高い――。 そんな研究結果が、『American Journal of Epidemiology』(6月26日オンライン版)に発表された。米国がん協会(ACS)のAlpa Pat…続きを読む

座りすぎで死亡リスクが上昇する「14の病気」が判明! 2分間立つだけでも改善?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆