「2014年12月」の記事一覧

正面衝突事故で最も多く生き残るのは「大型車」に乗る「若い男性」!

事故による死亡の中でも、最も多くの割合を占めるのが交通事故。わが国の交通事故死者は1970(昭和45)年の1万6,765人をピークに急速に減少し、2013(平成25)年は4,373人となった(警視庁交通局による)。 早くからモータリゼーションが進んできたアメリカでは、…続きを読む

正面衝突事故で最も多く生き残るのは「大型車」に乗る「若い男性」!

2014年最大の茶番劇、STAP細胞騒動をまとめる その2

2014年最大の茶番劇、STAP細胞騒動をまとめる その1 はこちら あきれた。言論の自由への抑圧うんぬんをいう前に、言える自由があるのに、新聞がいうべきことを言っていないではないか。STAP問題の責任についてだ。たまりかねて発言することにした。 今年1月の記者会見で…続きを読む

2014年最大の茶番劇、STAP細胞騒動をまとめる その2

インフルエンザは人間だけの病気ではない。鳥類や豚にも感染する!

毎冬、重い全身症状から始まり、強い感染力で息つく間もなく飛び火するインフルエンザ。インフルエンザウイルスがもたらす急性の伝染性感染症は、世界中の人びとを咳と高熱で悩ませ、多くの高齢者の生命を脅かし、乳幼児の脳症を重症化させている。 インフルエンザは、ウイルスの核タンパク…続きを読む

インフルエンザは人間だけの病気ではない。鳥類や豚にも感染する!
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛