「2014年12月」の記事一覧

正面衝突事故で最も多く生き残るのは「大型車」に乗る「若い男性」!

事故による死亡の中でも、最も多くの割合を占めるのが交通事故。わが国の交通事故死者は1970(昭和45)年の1万6,765人をピークに急速に減少し、2013(平成25)年は4,373人となった(警視庁交通局による)。 早くからモータリゼーションが進んできたアメリカでは、…続きを読む

正面衝突事故で最も多く生き残るのは「大型車」に乗る「若い男性」!

2014年最大の茶番劇、STAP細胞騒動をまとめる その2

2014年最大の茶番劇、STAP細胞騒動をまとめる その1 はこちら あきれた。言論の自由への抑圧うんぬんをいう前に、言える自由があるのに、新聞がいうべきことを言っていないではないか。STAP問題の責任についてだ。たまりかねて発言することにした。 今年1月の記者会見で…続きを読む

2014年最大の茶番劇、STAP細胞騒動をまとめる その2

インフルエンザは人間だけの病気ではない。鳥類や豚にも感染する!

毎冬、重い全身症状から始まり、強い感染力で息つく間もなく飛び火するインフルエンザ。インフルエンザウイルスがもたらす急性の伝染性感染症は、世界中の人びとを咳と高熱で悩ませ、多くの高齢者の生命を脅かし、乳幼児の脳症を重症化させている。 インフルエンザは、ウイルスの核タンパク…続きを読む

インフルエンザは人間だけの病気ではない。鳥類や豚にも感染する!
マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」~<治せる時代>が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆