「メタボ・糖尿病」の記事一覧

睡眠不足で子どもが肥満に! 寝不足は心臓病や糖尿病につながる大きなリスク

深夜のコンビニエンスストアに小さな子を連れて訪れる親や、居酒屋の片隅にベビーカーを置いて遅くまで酒を飲む親がいる。街は24時間眠りにつくことなく、大人ばかりか子どもまで巻き込んで睡眠不足の人を量産している――。 睡眠不足が続くと、一見、普通に活動していても、時に「マイク…続きを読む

睡眠不足で子どもが肥満に! 寝不足は心臓病や糖尿病につながる大きなリスク

笑いに勝る良薬なし! 吉本芸人らが日本初「笑いとがん医療」研究に協力

「笑う門には福来たる」――。昔から伝わるこのことわざを、超高齢化の現代に実現する、本格的な取り組みが始まった。 1月10日、大阪府立病院機構・大阪精神医療センター(大阪府枚方市)が、「笑いの総合商社」の異名を持つ吉本興業と連携して、「笑い」を「認知症の予防」に取り入れる…続きを読む

笑いに勝る良薬なし! 吉本芸人らが日本初「笑いとがん医療」研究に協力

「中年ニート・引きこもり」が123万人! <中年クライシス>世代のサバイバル術

「ニート」は「15歳から34歳までの家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない者」と定義されているようだ。 しかし、ニートの高齢化は進んでいる。現在では15~39歳を対象に「地域若者サポートステーション(愛称「サポステ」)」で就職支援が行われている。 サポステは…続きを読む

「中年ニート・引きこもり」が123万人! <中年クライシス>世代のサバイバル術
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛