「メタボ・糖尿病」の記事一覧

隠れた移民問題 なぜ発展途上国から米国に移住すると、病気を発症しやすくなる?

なぜヒトは肥満、メタボリックシンドローム、アレルギー、喘息、糖尿病、がんなどになるのか。 もちろん、食生活や運動不足、それ以外にもさまざまな要因が複雑に絡み合っているが、このところ注目されているのがマイクロバイオーム(腸内細菌叢)だ。最近は「腸内フローラ」と呼ばれること…続きを読む

隠れた移民問題 なぜ発展途上国から米国に移住すると、病気を発症しやすくなる?

サマータイム導入で甚大な健康リスク!肥満、心筋梗塞、うつ病、生活習慣病、過労死……

殺人的な猛暑だ。この過酷な炎暑のさなか、断行される2020年東京オリンピック・パラリンピック。 その酷暑対策として、時計の針を2時間進めるサマータイムの導入を政府・与党が急いでいる。なぜだろう?日本でもサマータイムは実施された サマータイムは、日本では1948年…続きを読む

サマータイム導入で甚大な健康リスク!肥満、心筋梗塞、うつ病、生活習慣病、過労死……

交通事故の原因「眠気の正体」が判明! 脳内タンパク質に睡眠障害の治療の可能が

今年5月21日、都内で軽ワゴン車を運転中に「睡眠障害の影響」から居眠り状態となり、路上で作業中の男性に6か月のケガを負わせた運送業者(60)が、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで逮捕された。 睡眠障害による事故(前掲容疑)での逮捕が全国初だったため、耳目を集め…続きを読む

交通事故の原因「眠気の正体」が判明! 脳内タンパク質に睡眠障害の治療の可能が
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆