「2015年2月」の記事一覧

網膜はスマホを見るだけでも剥がれる? 岡田克也氏も緊急手術

40代を過ぎると、目が疲れやすくなったり、近くの物が見づらくなったり、目の悩みが多くなる。最近はスマホやPCの使用時間も増え、特に疲れやすくなった気はしないだろうか。目の酷使だけではなく、加齢とともに涙の分量や質が低下するため、ドライアイが悪化する人も少なくない。 目…続きを読む

網膜はスマホを見るだけでも剥がれる? 岡田克也氏も緊急手術

理想のカラダへの近道は"筋トレ=頭脳トレ"だった!?

筋力トレーニングで「がむしゃらに鍛える」ことほど無駄なものはない。漠然とした方法でいくら時間と体力を費やしても、それに見合った効果を得ることは難しい。筋力トレーニングとは、「原理原則」に基づく理にかなった効率的なもの。むしろ筋トレは頭脳トレーニングといっても過言でない。…続きを読む

理想のカラダへの近道は

映画『迷宮カフェ』〜娘を白血病で失った女性が企画し骨髄移植の大切さを描く

『迷宮カフェ』2015年/日本/ビスタ/カラー/DCP 5.1ch/112分監督・脚本・編集:帆根川廣プロデューサー:橋口一成出演:関めぐみ/市川由衣/藤原薫/角田信朗/大迫一平/荒川ちか/柴田杏花/吉井怜/生島ヒロシ/螢雪次朗/津川雅彦配給:KADOKAWA宣…続きを読む

映画『迷宮カフェ』〜娘を白血病で失った女性が企画し骨髄移植の大切さを描く
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真