「更年期」の記事一覧

誇大広告「腟の若返り手術」に米食品医薬品局が注意喚起!深刻な腟の悩みは婦人科で相談

米食品医薬品局(FDA)は7月30日、レーザー治療などの「腟の若返り術」にエビデンスはなく、熱傷(やけど)などのリスクがあるとする声明を発表した。 「腟の若返り術」は、医療機器を使ってレーザーなどで腟の一部の組織を切除し、形を整える施術だ。更年期の症状、尿失禁、性機能…続きを読む

誇大広告「腟の若返り手術」に米食品医薬品局が注意喚起!深刻な腟の悩みは婦人科で相談

妊活するなら「年下の夫」を選べ!年下の夫を持つ妻の「出生率」は年上の夫よりも30%も高い!

米ハーバード大学医学大学院の研究チームは、2000~2014年の15年間にわたって不妊治療を受けたカップルを対象に、延べ約2万周期の生児出生率を調査したところ、「年下のパートナーを持つ女性の生児出生率は、同い年または年上のパートナーを持つ女性よりも高い」とする研究成果を欧州…続きを読む

妊活するなら「年下の夫」を選べ!年下の夫を持つ妻の「出生率」は年上の夫よりも30%も高い!

若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること

更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。 その症状と原因、治療、予防について、ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師に訊いた。早発閉経に至る人はご…続きを読む

若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆