「更年期」の記事一覧

小林麻央「乳がん検診」で発見できた?40歳以下の検診は無意味!マンモグラフィで「がん細胞」拡散

J-CASTニュース(10月3日)は、乳がんと闘病中のフリーアナウンサーの小林麻央さんが「根治は難しい状態かもしれない」とブログで明かしたと伝えた。 小林さんは「がんの進行度は末期がんのステージⅣだが、奇跡を起こしたい。5年後も10年後も生きたい。この世界に生きているの…続きを読む

小林麻央「乳がん検診」で発見できた?40歳以下の検診は無意味!マンモグラフィで「がん細胞」拡散

ホルモン補充療法での「経口剤」、「膣剤」、「添付剤」はどのよう選ばれるのか?

更年期障害の治療には、個人の症状や程度に応じて様々な薬が用いられる。しかし、明らかに女性ホルモンであるエストロゲンの減少による不快症状が強い場合には、ホルモン補充療法(Hormone Replacement Therapy=HRT)が第一選択肢となる。ホルモン補充療法に…続きを読む

ホルモン補充療法での「経口剤」、「膣剤」、「添付剤」はどのよう選ばれるのか?

40代女性に急増する「尿失禁」の悩み! その原因は高齢出産の可能性も!?

ジャズシンガーの綾戸智恵が、「これで安心ね」と明るく笑ってバスに乗り込む「ライフリー・さわやかパッド」のCM。この商品は介護用品でも、おりもの用ナプキンでもなく、尿漏れ(尿失禁)専用だ。 20ccの「少量用」から270ccの「特に多いときも長時間安心用」まで6段階のライ…続きを読む

40代女性に急増する「尿失禁」の悩み!  その原因は高齢出産の可能性も!?
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛