「社会・事件」の記事一覧

公共空間での香り演出に賛否両論 あなたは<香りバス>問題をどう考える?

公共空間に香り演出は必要か?(depositphotos.com) 公共空間での香りをめぐる議論が盛んだ。東急電鉄(東京都)では昨年2月からに東急線の全シースルー改札口、渋谷ちかみち総合インフォメーション、渋谷駅観光案内所など17駅の23カ所にアロマディフューザー(アロマ発…続きを読む

公共空間での香り演出に賛否両論 あなたは<香りバス>問題をどう考える?

イクメンも「パタハラ」被害! 父親の育児参加の推進は建前なのか?

今回は、最近、新たに注目を集める「パタハラ」について解説したい。しかしその前に、世にはびこる「ハラスメント」の現状を認識しておいたほうがいいだろう。まずは、以下の設問に答えていただきたい。▶︎設問1:男性被害も珍しくない「セクハラ」、SNS上でも繰り広げられる「パワハラ…続きを読む

イクメンも「パタハラ」被害! 父親の育児参加の推進は建前なのか?

「ポケモンGO」死亡事故で実刑判決! ドライバーに「ながら運転は危険」の認識ナシ

昨年(2016年)10月26日の夕刻、愛知県一宮市内の交差点で、トラックを運転中していた同市在住の会社員(36歳)が、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の表示に気を取られ、横断歩道を渡っていた則竹敬太くん(当時9歳)を跳ね死亡させた。 検察側の冒頭陳述によれば、「…続きを読む

「ポケモンGO」死亡事故で実刑判決! ドライバーに「ながら運転は危険」の認識ナシ
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛