「社会・事件」の記事一覧

中国、人民を殺害し臓器収奪&移植ビジネスの疑惑…病院地下に4千人仮死状態との証言

6月17日、ロンドンで開かれた「民衆法廷」で、ある大きな国際的疑惑に対する最終裁定が出た。約1年にわたり中国の臓器収奪問題について50人以上の証言と調査の結果を審議し、議長(元検事総長ジェフリー・ナイス卿)は、中国では移植手術の供給のために臓器収奪が行われているとの事実を、…続きを読む

中国、人民を殺害し臓器収奪&移植ビジネスの疑惑…病院地下に4千人仮死状態との証言

「プルーム・テック」を売ったJT社の戦略とは? 日本でだけ加熱式タバコがブレイクしたワケ

最近、加熱式タバコ愛好家の間で静かにブレイク中の“アイディア商品”がある。「貼るだけでかんたん着せ替え」「パロディ、オリジナル」などの謳い文句で販売する『グロー専用スキンシール』や『グロー専用デコシール』だ。一見「紙パック飲料」に見えるシールのバリエーションはさまざま。中に…続きを読む

「プルーム・テック」を売ったJT社の戦略とは? 日本でだけ加熱式タバコがブレイクしたワケ

高齢社会のコミュニティーで<健康第一>を共通価値にすると排除が起きる!?

「先生、認知症はどうやったらよくなるんでしょうか」 あるとき、なんとなく重い空気の中で相談を受けた。病院の診察室ではなく、相馬市の井戸端長屋での一コマだ。 井戸端長屋というのは、東日本大震災で被災した高齢者のために相馬市が造成した公営住宅だ。私は一カ月に一度、医師とし…続きを読む

高齢社会のコミュニティーで<健康第一>を共通価値にすると排除が起きる!?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆