「社会・事件」の記事一覧

親のスマホ&タブレット依存で親子関係が崩壊! 大切なのは子どもと向き合う時間を増やすこと

なぜ親は子育てが苦痛になるのだろう? なぜスマホ依存に陥ったり、スマホネグレクトに走るのだろう?――。米ミシガン大学医学部小児科学のJenny Radesky氏らは、「子どもに手を焼く親ほど電子機器をよく使い、子どもと向き合う時間が減るため、親子関係の悪化につながる」とする…続きを読む

親のスマホ&タブレット依存で親子関係が崩壊! 大切なのは子どもと向き合う時間を増やすこと

死に至る「熱中症」の恐怖! 酷暑を乗り切るための熱中症対策はコレ!

まずは、このデータから。7月3日、総務省消防庁は6月25日から7月1日までの1週間に搬送された熱中症患者が全国で3473人、死者3人になったと発表。搬送患者は前週(6月18~24日)の667人から約5倍に急増、昨年同時期の約2.8倍に上っている。関東甲信地方が統計史上最も早…続きを読む

死に至る「熱中症」の恐怖! 酷暑を乗り切るための熱中症対策はコレ!

日大アメフト問題〜スポーツで傷害罪は成立する?刑事司法は罪の有無を明確にすべき

日大と関西学院大のアメリカンフットボールの定期戦で悪質タックルがあり、大きな議論になっています。当該選手は、監督・コーチの指示で意図的に反則タックルを行ったこと、自分にアメリカンフットボールをする資格がないこと、アメリカンフットボールをやめることを記者会見で明らかにして謝罪…続きを読む

日大アメフト問題〜スポーツで傷害罪は成立する?刑事司法は罪の有無を明確にすべき
脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆