「妊娠・出産」の記事一覧

【閲覧注意】「胎盤食」が 産後うつ予防、母乳分泌促進になるという俗説 胎盤を食べるリスクは高い!

米ワイル・コーネル・メディスン産婦人科のAmos Grünebaum氏らの研究チームは、出産直後に自分の胎盤を食べる「胎盤食(placentophagy)」に、感染症などのリスクが強いとする研究成果を『American Journal of Obstetrics and G…続きを読む

【閲覧注意】「胎盤食」が 産後うつ予防、母乳分泌促進になるという俗説 胎盤を食べるリスクは高い!

妊活中の30~40代の女性5人に1人は不妊治療中 21人に1人が体外受精で出産!

「不妊治療net」が、 20代~50代の女性16,402人を対象に、妊活と不妊治療についての意識調査を行った。 調査の結果、 妊活を行っている人は、 20代で11%、 30代で13%、 40代で5%、 50代以上で2%。30~40代の妊活中の女性の約20%が不妊治療に取…続きを読む

妊活中の30~40代の女性5人に1人は不妊治療中 21人に1人が体外受精で出産!

「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表…続きを読む

「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは? 
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘