「妊娠・出産」の記事一覧

妊娠中の安全な糖質制限への取り組み方は人それぞれ!自分のタイプを知る6つのポイント

「長鎖脂肪酸代謝」に必要な酵素にヘテロの遺伝子変異のある方(保因者)が、理論上、日本人の場合は92人に1人かそれ以上いる可能性がある――。 これらのヘテロ変異の方は、厳しい糖質制限が向いていない可能性があります。特に妊娠中は、母親の肝臓への負荷が増えるので向いていない可…続きを読む

妊娠中の安全な糖質制限への取り組み方は人それぞれ!自分のタイプを知る6つのポイント

不妊治療の最新知見 子宮内フローラから卵巣凍結まで高度生殖医療(ART)を知る

10組のカップルのうち2〜3組は不妊で悩んでいるとされる現代。結婚年齢が高くなり、妊娠・出産を考えるのが、妊娠率が低下し始める30代半ばを過ぎてからという事情が、その背景にあるのかもしれない。 そんな状況下にあって、不妊治療を考え始めたカップルが、まず足を運ぶのが、さま…続きを読む

不妊治療の最新知見 子宮内フローラから卵巣凍結まで高度生殖医療(ART)を知る

女性特有の「線維筋痛症」の35%、「慢性疲労症候群」の42%が、「湯たんぽ療法」で治癒

今年(2017年)9月、アメリカのミュージシャンであるレディー・ガガさんが、「線維筋痛症」のために活動休止することを発表した(参照:レディー・ガガの線維筋痛症、日本では遅れている慢性痛医療)。 この病名で思い出すのは、10年前に43歳という若さで自ら命を絶った、日本テレ…続きを読む

女性特有の「線維筋痛症」の35%、「慢性疲労症候群」の42%が、「湯たんぽ療法」で治癒
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛