「救急医療」の記事一覧

子どもに窒息事故が多発する理由~「親=バイスタンダー」が知っておくべきこと

「さよならバイスタンダー」はYUKIの最新シングルにして人気テレビアニメ『3月のライオン』のオープニングテーマ。タイトルには「傍観者的な生き方への決別」という意味が込められているそうだ。 「バイスタンダー(bystander)」とは「発見者」「同伴者」など、救急現場に居…続きを読む

子どもに窒息事故が多発する理由~「親=バイスタンダー」が知っておくべきこと

深夜、腹痛を訴える不妊治療中の若い女性が搬送されてきた。腹部のしこりはまさかの……

あらゆる病気を想定して診察を進めていたが、いまだかつてないような大変な事態が持ち上がり、ER(救急外来)に緊張が走る――。そのようなケースを紹介しよう。 準夜帯から深夜帯に変わる午前1時ごろ、30代の女性が腹痛を訴えて救急車で搬入された。付き添ってきた夫は心配そうに救急…続きを読む

深夜、腹痛を訴える不妊治療中の若い女性が搬送されてきた。腹部のしこりはまさかの……

前田健さんを襲った「虚血性心不全」~突然の心肺停止はどれだけ助かる可能性がある?

今まで普通にしていた人が急に倒れて心肺停止に陥った場合、助かる可能性(救命率)はどれぐらいあるのか? また、助けるためにしなければならないことはどういうことなのか? 東京都新宿区の路上で4月24日夜に倒れて心肺停止(CPA)状態で病院に救急搬送され、26日に虚血性心不…続きを読む

前田健さんを襲った「虚血性心不全」~突然の心肺停止はどれだけ助かる可能性がある?
「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆