「血液」の記事一覧

潜在患者1400万人以上!食後に血糖値が乱高下する「血糖値スパイク」で突然死も……その予防法は?

健康診断の血糖値は正常なのに、食後の短時間だけ、まるでジェットコースターのように「血糖値が乱高下」する、「血糖値スパイク」と呼ばれる生命を脅かすほどの生理現象がある。 NHK『あさいち 血糖値スペシャル』(11月15日)は、最新式の血糖値測定器を使った血糖値の実態調査を…続きを読む

潜在患者1400万人以上!食後に血糖値が乱高下する「血糖値スパイク」で突然死も……その予防法は?

2030年にエイズが終焉!? いまだ漸減中の日本では、患者の約3割が発症して初めて自覚

今年2月29日、厚生労働省の「エイズ動向委員会」は、2015年に新たにエイズウイルスへの感染が判明した人の数は1413人との速報値を発表した。 これは過去9番目の数値であり、過去最多だった2013年の1590人から2年連続で減少した。 内訳は、検査で判明したHIV…続きを読む

2030年にエイズが終焉!? いまだ漸減中の日本では、患者の約3割が発症して初めて自覚

「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV) 」で亡くなった松来未祐さん~病床からの願い

10月27日の急逝理由が公表されなかった経緯から、死因に関する諸説がネット上で噴出した声優の松来未祐さん(享年38)。 このたび、四十九日翌日の故人ブログ(12月15日付)で、所属事務所が「慢性活動性EBウイルス感染症(chronic active Epstein-B…続きを読む

「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV) 」で亡くなった松来未祐さん~病床からの願い

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘
通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第2回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。