「食の安全・栄養」の記事一覧

赤ワインで「リラックス」、蒸留酒で「攻撃的」に アルコールの種類で気分が変わる?

酒を飲んでどんな気分になるかは、飲んだ酒の種類によって左右される!という興味深い研究結果が「BMJ Open」11月21日オンライン版に掲載された。パーティーシーズンに大いに参考になりそう!? 英国の研究グループが21カ国の約3万人を対象とした調査データを分析した結果…続きを読む

赤ワインで「リラックス」、蒸留酒で「攻撃的」に アルコールの種類で気分が変わる?

市販のクリスマスケーキには危険がいっぱい? トランス脂肪酸の「クリームもどき」と危ない添加物

子供の頃、毎年、12月26日になると、隣の家のおばさんが、不二家の大きなデコレーションケーキを持ってきてくれた。どうしてクリスマスが終わってからなのか不思議に思って、おばさんに聞くと――。 「義兄が不二家の株主で、売れ残ったケーキをたくさん持ってくるのよ。半年前から、ク…続きを読む

市販のクリスマスケーキには危険がいっぱい? トランス脂肪酸の「クリームもどき」と危ない添加物

やはりコーヒーは健康にいい 1日1杯以上のコーヒーで女性の糖尿病患者の死亡率が低下

女性の糖尿病患者は、コーヒーや紅茶から摂取するカフェインの量が多いほど死亡リスクが低下し、長生きする可能性があると、São João病院(ポルトガル)のJoão Sérgio Neves氏が第53回欧州糖尿病学会(EASD 2017、9月11~15日、ポルトガル・リスボン)…続きを読む

やはりコーヒーは健康にいい 1日1杯以上のコーヒーで女性の糖尿病患者の死亡率が低下
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆