「がん」の記事一覧

安全な飲酒量はない!?アルコール関連死280万人、がんの死亡リスクが酒量に比例!

ワシントン大学のMax G. Griswold氏らの研究グループは、195カ国・地域の疾病負荷を定量化する「世界疾病負担研究(GBD)2016」のシステマチックレビューとメタ解析に基づき、「世界のアルコール関連死は、およそ280万人に上る。がんの死亡リスクはアルコール摂取量…続きを読む

安全な飲酒量はない!?アルコール関連死280万人、がんの死亡リスクが酒量に比例!

高濃度乳房は「乳がん」の発症リスクが高い! 該当する日本人女性は約4割!

ノルウェーがん登録の研究員であるSolveig Hofvind氏らの研究チームは、乳腺濃度を自動評価するソフトウェアを活用し、「乳腺濃度が高い高濃度乳房(デンスブレスト)の女性は、乳がんリスクが高い可能性がある」とする新たな研究成果を『Radiology』6月26日オンライ…続きを読む

高濃度乳房は「乳がん」の発症リスクが高い! 該当する日本人女性は約4割!

女優の星由里子さん、肺がんで死去。享年74 肺がんで急死の原因は?

西城秀樹さんの急死を追うかのような悲報だ。女優の星由里子さん(本名:清水由里子)は、5月16日午後11時5分に「心房細動及び肺がん」のため京都市内の病院で死去した。享年74。 星さんは、これまで2度の心臓の手術を受けている。4月5日が2度目の手術だったが、手術前の検…続きを読む

女優の星由里子さん、肺がんで死去。享年74 肺がんで急死の原因は?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆