「がん」の記事一覧

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気

2019年1月、巣鴨駅前胃腸内科クリニックに日本初の「胃弱外来」が開設された。この巣鴨駅から2分という至極便利な立地にあるクリニックで日々、診療にあたっているのが神谷雄介院長だ。「胃弱」は医学的な病名ではなく、あまり馴染みのない『機能性ディスペプシア(Functiona…続きを読む

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気

安全な飲酒量はない!?アルコール関連死280万人、がんの死亡リスクが酒量に比例!

ワシントン大学のMax G. Griswold氏らの研究グループは、195カ国・地域の疾病負荷を定量化する「世界疾病負担研究(GBD)2016」のシステマチックレビューとメタ解析に基づき、「世界のアルコール関連死は、およそ280万人に上る。がんの死亡リスクはアルコール摂取量…続きを読む

安全な飲酒量はない!?アルコール関連死280万人、がんの死亡リスクが酒量に比例!

修復腎移植~あまりにも長すぎた先進医療の審査。バトンは次の世代に

さる7月5日(水)、厚労省「第66回先進医療会議」が修復腎移植を先進医療として承認したという報道に接した。ドナーの選定会議に関係学会の有識者を入れるなどの、付帯条件は付いているが、主たる抵抗勢力だった4学会(日本移植学会、日本臨床腎移植学会、日本腎臓病学会、日本透析医学会)…続きを読む

修復腎移植~あまりにも長すぎた先進医療の審査。バトンは次の世代に
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆