「がん」の記事一覧

たばこ自販機が消える日~東京五輪・パラリンピックが受動喫煙対策なしで開けない理由

さて、1府11省2庁ある「中央省庁」のうち、JT(日本たばこ産業)株の3割を保有しているのはどこか? そう、財務省である。斯界の健全な発展を目的とする「たばこ事業法」は、葉タバコの生産からたばこの流通・販売、小売店や自動販売機の設置も定めており、その財務省が所管官庁にな…続きを読む

たばこ自販機が消える日~東京五輪・パラリンピックが受動喫煙対策なしで開けない理由

愛煙家や分煙支持派……中村獅童も驚愕!<軽いたばこ>が肺腺がんを招く!?

国立がん研究センターが、受動喫煙による肺がんのリスク評価を従来の「ほぼ確実」から「確実」に引き上げたのは昨年8月のこと。 喫煙者自身のリスクについては、肺がん以外にも(胃がんや肝がん他)数多の関連性が確実視されてきたが、受動喫煙リスクが「確実」と判定されたのは初めて。…続きを読む

愛煙家や分煙支持派……中村獅童も驚愕!<軽いたばこ>が肺腺がんを招く!?

母乳の検査でがんの早期発見の可能性、痛いマンモとはおさらばできる?

出産年齢の女性では、母乳を分析する検査がマンモグラフィーに代わるが日が来る可能性があると、新たな予備的研究で示唆された。母乳を用いて乳がんの徴候を調べる新たな技術が開発され、有望な結果が得られたという。 今回の研究は、米シカゴで4月22~26日に開催された米国生化学・分…続きを読む

母乳の検査でがんの早期発見の可能性、痛いマンモとはおさらばできる?
若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!
インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

テストステロン(男性ホルモン)の存在に着眼し、AGA(男性型脱毛症)治療、男性皮膚治療、男性更年期、前立腺がんのサポート、男性不妊など、男性の外見や内面の健康に関わる様々な治療を独自の視点から行うメンズヘルスクリニック東京(東京・丸ノ内)の小林一広院長。第3回目は「男性妊活・男性力」について。
第1回AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人
第2回男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘