「がん」の記事一覧

<禁煙ポスター>若者には逆効果? なかなか消えないタバコへの渇望を抑える方法

禁煙が世界的な潮流であることは誰の目にも明らかであるが、タバコへの欲求はそう簡単にはなくならない。これから成人になる若者にどうやって喫煙を思いとどまらせるか? どこの国でもさまざまな手段を試みている。 タバコの害を分かりやすいイメージで喚起させるポスターは、その手段の最…続きを読む

<禁煙ポスター>若者には逆効果? なかなか消えないタバコへの渇望を抑える方法

堀江しのぶ「スキルス性胃がん」卵巣転移のため23歳で夭折した巨乳アイドルのさきがけ

恐れを知らない。無謀で向こう見ず。それが若さの逞しさであり、脆さでもある……。だが、寝首を掻かれるような、まさかの早逝。その死が最愛の女性の美しさの絶頂期ならどうだろう? 迸る青春の瑞々しい生命を冒涜するように、悲報が突如降りかかったならどうだろう? 神も仏もない! と嘆息…続きを読む

堀江しのぶ「スキルス性胃がん」卵巣転移のため23歳で夭折した巨乳アイドルのさきがけ

本田美奈子.享年38〜急性骨髄性白血病(AML)が奪った3オクターブの美声!

11月6日は38歳の若さで亡くなった本田美奈子の命日だった。宇宙のビッグバンの瞬間を目撃した人はない。我が臨終の刹那を看取って旅立った人もない。見果てぬ夢を追い求め、歌、ダンス、恋、患者支援に夢を紡いだ、不世出の女性シンガーもいない。「アメージング・グレース」を絶唱した、こ…続きを読む

本田美奈子.享年38〜急性骨髄性白血病(AML)が奪った3オクターブの美声!
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志