「2015年3月」の記事一覧

"アルコールハラスメント"は殺人罪!? 飲めても飲めなくても危ない急性アルコール中毒!

花見に新入生歓迎会、バーベキュー......。酒宴に飛び交う「イッキ! イッキ!」コール。そこに酒を飲まないという選択肢はない。その結果、急性アルコール中毒で、東京都だけでも毎年1万人以上が病院に救急搬送されている。そして恐ろしいことに、毎年のように数人が死んでいる。「…続きを読む

最新の腰痛診断は問診にかける時間がちがう! 腰痛の専門医はこうやって探せ!

腰痛に関する診察や治療は近年大きく変わっている。以前に病院に行って解決しなかったからと、自己流の治療法や民間療法をあれこれやってもよくならない、よくなるどころか、逆に悪化しているというなら、再度、診察しなおしてみるべきだ。しかし、どこの医療機関にかかればいいのか? 医師選び…続きを読む

最新の腰痛診断は問診にかける時間がちがう! 腰痛の専門医はこうやって探せ!

封切り直前『カフェ・ド・フロール』~ダウン症の息子への強すぎる愛と執着が、未来にもたらす神秘とは?

『カフェ・ド・フロール』2011年/カナダ・フランス/カラー/英語・フランス語/120分監督・脚本:ジャン=マルク・ヴァレ出演:ヴァネッサ・パラディ、ケヴィン・パラン、エレーヌ・フローラン、エヴリーヌ・ブロシュ、マラン・ゲリエ© 2011 Productions Café…続きを読む

封切り直前『カフェ・ド・フロール』~ダウン症の息子への強すぎる愛と執着が、未来にもたらす神秘とは? 
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛