「2015年3月」の記事一覧

"アルコールハラスメント"は殺人罪!? 飲めても飲めなくても危ない急性アルコール中毒!

花見に新入生歓迎会、バーベキュー......。酒宴に飛び交う「イッキ! イッキ!」コール。そこに酒を飲まないという選択肢はない。その結果、急性アルコール中毒で、東京都だけでも毎年1万人以上が病院に救急搬送されている。そして恐ろしいことに、毎年のように数人が死んでいる。「…続きを読む

最新の腰痛診断は問診にかける時間がちがう! 腰痛の専門医はこうやって探せ!

腰痛に関する診察や治療は近年大きく変わっている。以前に病院に行って解決しなかったからと、自己流の治療法や民間療法をあれこれやってもよくならない、よくなるどころか、逆に悪化しているというなら、再度、診察しなおしてみるべきだ。しかし、どこの医療機関にかかればいいのか? 医師選び…続きを読む

最新の腰痛診断は問診にかける時間がちがう! 腰痛の専門医はこうやって探せ!

封切り直前『カフェ・ド・フロール』~ダウン症の息子への強すぎる愛と執着が、未来にもたらす神秘とは?

『カフェ・ド・フロール』2011年/カナダ・フランス/カラー/英語・フランス語/120分監督・脚本:ジャン=マルク・ヴァレ出演:ヴァネッサ・パラディ、ケヴィン・パラン、エレーヌ・フローラン、エヴリーヌ・ブロシュ、マラン・ゲリエ© 2011 Productions Café…続きを読む

封切り直前『カフェ・ド・フロール』~ダウン症の息子への強すぎる愛と執着が、未来にもたらす神秘とは? 
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆