「病気」の記事一覧

GW明けに急増する「自殺」を防ぐ~自殺の3人に2人がうつ病などの健康問題

推計4594億円――。これは、2015年中の自殺者(2万3152人)がもし生きていれば得られたであろう生涯所得を、失業率などを考慮した上で算出した数字である(厚生労働省調べ)。 この経済損失額の都道府県別ワースト3は、最多の東京都が669億円、大阪府365億円、神奈川県…続きを読む

GW明けに急増する「自殺」を防ぐ~自殺の3人に2人がうつ病などの健康問題

春になると発症する思春期の「起立性調節障害」とは?朝起きられない、立っていると気分が悪くなる

この間まで幼稚園や小学校に通っていた子供たちが、桜吹雪舞う校門を潜ったとたんに、お兄ちゃん、お姉ちゃんっぽくなっていく。進級するという人生のイニシエーション(通過儀礼)の賜物だろうか? あどけなさ無邪気さが少しずつ姿を変え、影を潜めるのは寂しいような嬉しいような……。親なら…続きを読む

春になると発症する思春期の「起立性調節障害」とは?朝起きられない、立っていると気分が悪くなる

鼻が利かなくなると「死が近い」!? 嗅覚は<脳の変化>を反映した指標

俗に「鼻が利く」といえば、利にさとい人を指す。では、「鼻が利かなくなる」とどうなるのか? 実は「死亡するリスクが高い」というギョッとする報告がある――。 どんなに好きな匂いでも、そればかり嗅ぎ続けると嗅覚が低下する。嗅覚器はデリケートで疲労しやすいからだ。この一時的な感…続きを読む

鼻が利かなくなると「死が近い」!? 嗅覚は<脳の変化>を反映した指標
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛