「病気」の記事一覧

飲んだら風呂はやめておこう…若い世代も「ヒートショック」の危険アリ

暖かな居間から冷え切った脱衣所で服を脱ぎ、かけ湯もせずに熱い湯船に飛び込む。あるいは、寒いトイレで用を足す――ありふれた光景だが、この寒暖差下の環境移動が思わぬ死を招くことがある。心臓などの血管に大きな負担を与え、脳出血や脳梗塞、あるいは心筋梗塞や狭心症を引き起こす“ヒート…続きを読む

飲んだら風呂はやめておこう…若い世代も「ヒートショック」の危険アリ

「世界最低レベル」と酷評される日本の喫煙/禁煙事情が、遅々として改善されない理由

「タバコ大好き人間としては、全エリアで禁煙にすると言われたら、どうやって生きて行けばいいのか……という想いだ。できれば、(法案が)出てきてほしくない」 厚生労働省が受動喫煙防止策の強化法案提出を目論んでいた一昨年、自民党・国会対策委員長(当時)だった竹下亘衆院議員(72)…続きを読む

「世界最低レベル」と酷評される日本の喫煙/禁煙事情が、遅々として改善されない理由

歯周病の原因は食習慣にある!最新の知見に基づいた最も効果的な治療法とは?

今現在、日本において成人の8割が歯周病にかかっているといわれている。一体どのようにして歯周病は起こるのだろうか? 日本では、歯周病はおもに細菌感染症であるとされ、その対策も歯周病菌の原因となる歯垢をブラッシング等で取り除くか、それでも治らなければ抗生剤療法が行われている…続きを読む

歯周病の原因は食習慣にある!最新の知見に基づいた最も効果的な治療法とは?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆