「病気」の記事一覧

脳の病気と「犯罪」に関係が……暴力や犯罪を起こしやすい脳がある?

米バンダ―ビルド大学メディカルセンター(VUMC)の神経学助教授であるRichard Darby氏が主導する研究班は、「犯行前に脳の異常(脳病変)が確認されていた犯罪者17人」の脳画像データをマッピングした。 その結果、各犯罪者たちの障害部位は十人十色、さまざまな脳領域…続きを読む

脳の病気と「犯罪」に関係が……暴力や犯罪を起こしやすい脳がある?

花粉症の時期に突入! 症状緩和には「花粉症予防アプリ」で対策を

春が近づくと、鼻がグズグズ、目はショボショボ……。今年も日本人を悩ませる花粉症の季節がやってきた。 日本気象協会が運営するサイト「tenki.jp」によれば、2018年春の花粉飛散の予測は、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みだという…続きを読む

花粉症の時期に突入!  症状緩和には「花粉症予防アプリ」で対策を

血液検査だけで8種類の「がん」を発見!位置まで特定できる「CancerSEEK」とは?

医療技術がどれほど進化しても、「がん」はまだ暗黒大陸かもしれない。だが、この暗黒大陸にも希望の光明が差してきている。 米ジョンズ・ホプキンス大学キンメルがんセンターのJoshua Cohen氏らの研究グループは、1回の血液検査だけで8種類のがんの有無を判定し、がんの位置…続きを読む

血液検査だけで8種類の「がん」を発見!位置まで特定できる「CancerSEEK」とは?
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志