「病気」の記事一覧

【閲覧注意】解離性大動脈瘤〜大瀧詠一さんや三波伸介さんらの命を一瞬で奪った病

2013年の暮れに飛び込んできた、音楽家の大瀧詠一さん(65歳)急逝の第一報は「夕食後のリンゴを食べている最中に突然倒れ……」という、にわかには信じがたい状況説明だった。 一方、2015年の暮れ、タレントの笑福亭笑瓶さん(59歳)がドクターヘリで緊急搬送された際は「ゴル…続きを読む

【閲覧注意】解離性大動脈瘤〜大瀧詠一さんや三波伸介さんらの命を一瞬で奪った病

『うんこ漢字ドリル』が大ヒットの一方で、小学生の半数が学校での大便を我慢の矛盾

『うんこ漢字ドリル』(文響社)が売れている――。「日本一楽しい漢字ドリル」と銘打って今年3月に発売。なんと、この出版不況下にあって、発売後約2カ月で発行部数148万を記録したとか。 例えば読みの練習問題として「田(た)んぼの どまんなかで うんこを ひろった」「火(ひ)…続きを読む

『うんこ漢字ドリル』が大ヒットの一方で、小学生の半数が学校での大便を我慢の矛盾

生誕100年! ジョン・F・ケネディ元大統領は「暗殺の日」も背中の痛みに苦しんでいた?

1961年1月、ジョン・F・ケネディは、史上最年少の43歳で第35代米国大統領に就任。2年10カ月後の1963年11月22日午後1時30分頃(日本時間23日午前3時30分頃)、テキサス州ダラス市エルム通りで凶弾に倒れた(46歳)。 女優マリリン・モンローなど、数々の女性…続きを読む

生誕100年! ジョン・F・ケネディ元大統領は「暗殺の日」も背中の痛みに苦しんでいた?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真