「病気」の記事一覧

肌のバリア機能にはフィラグリンの産生を!赤ちゃんのスキンケアが大人アトピーを防ぐ?

慢性的にくり返す激しいかゆみと皮膚炎に悩まされる「アトピー性皮膚炎」。我慢できずかけば、さらに肌のかゆみが増し、安眠を妨げて日中の集中力が続かず、体は常にだるい。かきむしった肌が見た目を損ない、外出をためらう生活に――。 今、アトピーに悩まされている日本人が増えている。…続きを読む

肌のバリア機能にはフィラグリンの産生を!赤ちゃんのスキンケアが大人アトピーを防ぐ?

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?

交通事故などで、首が鞭のようにしなり捻挫をするむちうち症。むちうち症患者の約2割は、後遺症に悩んでいると言われる。首や肩のコリだけでなく、吐き気・めまい・口渇感・多汗・冷え性・血圧不安・うつ状態など全身の不定愁訴が見られるのが特徴だが、原因不明で西洋医学的な治療法が見つかっ…続きを読む

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?

東京都「バリアフリー条例改正案」車椅子で利用できない、アレルギー対策は手付かず

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、本格的な「おもてなし」がどこまでできるのか、正念場だ。 東京都は4月、ホテルや旅館の一般客室を対象とした「建築物バリアフリー条例改正案」を公表した。2020年に向けたバリアフリー化については、道路や鉄道などのほか…続きを読む

東京都「バリアフリー条例改正案」車椅子で利用できない、アレルギー対策は手付かず
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真