「ダイエット」の記事一覧

食物のレクチンが肥満・病気の原因!? グルテンフリーに続く新たな食事法とは?

カラダに良いはずの野菜や穀物が、じつは害をなすとしたら? アメリカの著名な心臓外科医であるスティーブン・ガンドリー博士は、自身の患者たちの治療を通して、植物の種子などに含まれる「レクチン」というタンパク質が、現代人の健康を阻害しているということを発見した。 全粒粉…続きを読む

食物のレクチンが肥満・病気の原因!? グルテンフリーに続く新たな食事法とは?

コーヒー1日8杯で肥満予防!? カフェイン摂取量で安全なのは4杯まで?

糖尿病や多発性硬化症、あるいはパーキンス病から一部のがんに至るまで、日常的なコーヒー摂取の効用に関しては、多くの疾患発症リスクを低減させる可能性が示唆されてきた。 しかし、それらのコーヒー効果は良しとしても、従来の研究方法自体にやや問題はなかろうか――。そんな疑義を申し…続きを読む

コーヒー1日8杯で肥満予防!? カフェイン摂取量で安全なのは4杯まで?

立っているだけで10㎏減量?オフィスで「立つだけダイエット」

メールが普及し、会議も買い物もインターネットできる現代。私たちが1日の中で「座る」時間は年々長くなってきた。しかし、ヒトにとって「座る」というライフスタイル自体が健康に悪影響を及ぼす……。 近年、座る時間が長ければ長いほど、がんや心臓疾患、糖尿病、うつ症状等のリスクが上…続きを読む

立っているだけで10㎏減量?オフィスで「立つだけダイエット」
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太