「男性」の記事一覧

男性の「潮吹き」の研究:メカニズムや噴出液を解析…尿道口から液体を霧状に噴出

女性の潮吹き(Female ejaculationまたはsquirting:女性の射精)は、スキーン腺からの白濁液の放出と尿失禁の2つの機序があるとされる(Int Urogynecol J 2018; 29: 621-629)。 だが、性行為中の潮吹きは、男性にも認めら…続きを読む

男性の「潮吹き」の研究:メカニズムや噴出液を解析…尿道口から液体を霧状に噴出

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から

「うまく子作りができない、セックスができない」という悩みを抱えた夫婦が増えている――。「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子供ができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。 前回は、結婚してからも1回もセックスできていない夫婦(未完成…続きを読む

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から

男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!

男性更年期障害の症状は、加齢にともない男性ホルモン(テストステロン)が低下することで起こると考えられおり、加齢男性性腺機能低下症候群(Late-onset hypogonadism:略してLOH症候群)と呼ばれる。 男性更年期症障害は多くの男性にとってそれほど身近に感じ…続きを読む

男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆