「男性」の記事一覧

「オシッコの我慢はカラダに悪い」は間違い! 頻尿対策は溜めて出す<快感オシッコ>

冬が近づき寒くなるにつれて、<トイレが近くなってきた>とお困りの人も多いのではないだろうか。 さっきトイレに行ったのに、またすぐに行きたくなる。1回の排尿量が少なく、「ちょろちょろ」と出るばかりですっきりしない。それでいて何回も行ってしまう――。 そんな悩みは、男性…続きを読む

「オシッコの我慢はカラダに悪い」は間違い! 頻尿対策は溜めて出す<快感オシッコ>

男性はみなナルシシズム(自己愛)が強い!? いまや「自己愛性パーソナリティ障害」は16人に1人

「あらゆる星が北極星を中心として動いているように、世界は私を中心として動いている。私は秩序そのものであり、法律そのものである」――ウィリアム・シェークスピア『ジュリアス・シーザー』 シーザーのように、ありのままの自分を受け入れず、自分は特別で偉大な存在だと肥大化した自己…続きを読む

男性はみなナルシシズム(自己愛)が強い!? いまや「自己愛性パーソナリティ障害」は16人に1人

"ハゲ"が前立腺がんの死亡リスクを高める? 男性ホルモンが影響している可能性

日本では何かと否定的に捉えられがちだが、欧米ではセクシーとみなされることもあるという"ハゲ"。その主な原因は男性型脱毛症だ。近年では、この男性型脱毛症と前立腺がんリスクの関連性に関する研究が行われている。 2015年4月、男性型脱毛症と前立腺がんの死亡リスク増加の関連性…続きを読む

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志