「男性」の記事一覧

元SMAP・中居正広さんが「更年期障害」に? 四十路は男のカラダの曲がり角

「チョット、体調を崩しちゃいましてね」。自身のラジオ番組『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送1月28日放送)で、元SMAPの中居正広さん(44)が約1週間の入院を明かした際の一言だ。 「おかしいんだよな、俺は体調崩さなくても生きていける人間だったのになぁ……」…続きを読む

元SMAP・中居正広さんが「更年期障害」に? 四十路は男のカラダの曲がり角

「酒と不況と男と自殺」の相関図〜トランプ氏の得票率が高い地域は白人の死亡率も高い?

死亡時に飲酒していた自殺者の比率は不況時に上昇(shutterstock.com)  最近、終電間際の商店街を歩くと、居酒屋系の閉店時間が早まりつつある傾向に気づく。若い層の酒離れや飲みニケーション嫌い、家呑み志向や折からの不況風で、「続けられているのが不思議……」と他人…続きを読む

「酒と不況と男と自殺」の相関図〜トランプ氏の得票率が高い地域は白人の死亡率も高い?

"リスクのほうが大きい"前立腺がんの検査? 米国ではガイドライン発行で受診率が減少!

米国では、前立腺がんのスクリーニング検査を受ける男性が減少している。「米国予防医療作業部会(USPSTF)」が、「便益よりも害のほうが大きい」と結論づけたことが影響している。スクリーング検査とは、簡単に実施できる自覚症状のない病気や異常を識別するものだ。 今年5月、米ニ…続きを読む

精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛