「男性」の記事一覧

痴漢は「依存症」である~常習者の歪んだ認知「仕事を頑張ったから痴漢は許される」!?

はじめて社会病理学的視点から「痴漢」を解析した『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)の著者である、大森榎本クリニック(東京都)精神保健福祉部長の精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏。 痴漢の本質について訊く第3回のテーマは<痴漢を性依存症と捉える>。仕事を頑張…続きを読む

痴漢は「依存症」である~常習者の歪んだ認知「仕事を頑張ったから痴漢は許される」!?

「オシッコの我慢はカラダに悪い」は間違い! 頻尿対策は溜めて出す<快感オシッコ>

冬が近づき寒くなるにつれて、<トイレが近くなってきた>とお困りの人も多いのではないだろうか。 さっきトイレに行ったのに、またすぐに行きたくなる。1回の排尿量が少なく、「ちょろちょろ」と出るばかりですっきりしない。それでいて何回も行ってしまう――。 そんな悩みは、男性…続きを読む

「オシッコの我慢はカラダに悪い」は間違い! 頻尿対策は溜めて出す<快感オシッコ>

生田斗真さんが性同一性障害役を主演~学会初の認定医誕生で公的医療保険適用か?

3月20日、GID(性同一性障害)学会が、東京都内で開催した総会で、初の「性同一性障害」認定医を9名決定したことを発表した。今後5年間で、50人程度の認定医を育成し、専門的な医療提供ができる機関を増やしていくという。 性別適合手術やホルモン療法など、性同一性障害の人が必…続きを読む

生田斗真さんが性同一性障害役を主演~学会初の認定医誕生で公的医療保険適用か?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔