「食品」の記事一覧

コンビニでも美味い減塩弁当が買える!? 国立循環器病研が「かるしお認定」をスタート

日本では成人の3人に1人、高齢者の3人に2人が高血圧と診断されている。高血圧は言うまでもなく脳卒中や心臓病のリスクファクターであり、その予防と治療は今や国民的な課題。そこで大切なのが、毎食の塩分コントロールだ。 厚生労働省が推奨する日本人の1日当たりの食塩摂取量の目標値…続きを読む

コンビニでも美味い減塩弁当が買える!? 国立循環器病研が「かるしお認定」をスタート

かつての長寿県はいまや短命県No.1!? 沖縄県に学ぶ"寿命を縮める"方法

沖縄県は長らく「長寿県」として知られてきた。いまでも沖縄と言えば「長寿」をイメージする人も少なくないだろう。しかし、それはいまや昔の話。5年ごとに発表される都道府県別平均寿命で、沖縄の男性は1990年に5位に転落、1995年に4位と少し戻るも、2000年には26位と大幅に…続きを読む

かつての長寿県はいまや短命県No.1!? 沖縄県に学ぶ

牛だけでなく豚の生レバーも禁止!? その背景にある意外な感染症とは...

●牛だけでなく豚の生レバーも禁止!? かつては焼肉屋などに行くと定番のメニューだった牛の生レバーを使ったレバ刺し。食品衛生法改正により、2012年7月以降飲食店での提供が禁止されたことは記憶に新しい。 その陰で、一部の飲食店では代用として豚の生レバーをレバ刺しとして…続きを読む

牛だけでなく豚の生レバーも禁止!? その背景にある意外な感染症とは...
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子