「その他」の記事一覧

春になると発症する思春期の「起立性調節障害」とは?朝起きられない、立っていると気分が悪くなる

この間まで幼稚園や小学校に通っていた子供たちが、桜吹雪舞う校門を潜ったとたんに、お兄ちゃん、お姉ちゃんっぽくなっていく。進級するという人生のイニシエーション(通過儀礼)の賜物だろうか? あどけなさ無邪気さが少しずつ姿を変え、影を潜めるのは寂しいような嬉しいような……。親なら…続きを読む

春になると発症する思春期の「起立性調節障害」とは?朝起きられない、立っていると気分が悪くなる

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>

現代人の悩みのひとつである「睡眠不足」。日常生活に支障をきたし、仕事の生産性も低下させる。死亡リスクを高めることも判明している。最近の研究では、日本経済に大きな損失をもたらしているという。 自身のパフォーマンスを高く保つために欠かせない「睡眠」は、ビジネスパーソンにとっ…続きを読む

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>

深夜の空腹感は睡眠不足のせい? 寝不足は腸内フローラにも影響を……

1979年3月の「スリーマイル島」原発事故、1986年1月のスペースシャトル「チャレンジャー号」爆発事故、そして2005年4月の「JR福知山線」脱線事故――。 この3件の大きな事故原因に、関係者の「睡眠不足」が大きく影響していたことを御存知だろうか? 現代人の睡眠不…続きを読む

深夜の空腹感は睡眠不足のせい? 寝不足は腸内フローラにも影響を……
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志