「芸能・エンタメ」の記事一覧

精神疾患の子を監禁し続けた2つの事件〜なぜ親たちは適切な医療を受けさせなかった?

「座敷牢」――。精神医療の負の歴史として、過去のものとなったはずのその言葉を、まさか21世紀のいまになって想起されることになろうとは……。 2017年末と今年4月に相次いで発覚した2つの監禁事件は、忌まわしい記憶が、過去のものとなっていないことを思い知らされた。親が…続きを読む

精神疾患の子を監禁し続けた2つの事件〜なぜ親たちは適切な医療を受けさせなかった?

名医20人が語る「死」に対する本音〜あなたの主治医はどんな死生観を持っていますか?

医師は日常の臨床の場で多くの生と死の移り変わりを体験している。そんな医師たちが持つ死生観とはどんなものなのか? そんなテーマに挑んだ意欲的な本がある。 梶葉子・著『医者の死生観――名医が語る「いのち」の終わり』(朝日新聞出版)は、救急や外科手術、 がん、難病、 感染症、…続きを読む

名医20人が語る「死」に対する本音〜あなたの主治医はどんな死生観を持っていますか? 

災害時に不安を抱える飼い主は9割以上! 自分とペットたちの避難計画を立てよう!

3.11東日本大震災から7年。多くの番組で被災者の復興の取組みが報じられたが、震災は被災地の住人だけでなく、ペットたちにも襲いかかったのだ。被災地で保護されても、いまだに里親が見つからないまま死を待つペットたちが少なくない。 長野県千曲市の「NGOライフインべスティゲー…続きを読む

災害時に不安を抱える飼い主は9割以上! 自分とペットたちの避難計画を立てよう!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆