「芸能・エンタメ」の記事一覧

大沢樹生&喜多嶋舞の裁判でも注目された「親子鑑定」は99.99999%の高精度!

子どもが欲しいが、妊娠しない。排卵日に精子を計画的に受精させるタイミング法も試した。排卵誘発剤やホルモン剤も効果がない――。 そんな不妊に苦しむ夫婦は多い。最後の望みをつなぐのは、人工授精なのか? 体外受精なのか?夫の実父が精子を妻に提供し体外受精で173人を無事誕…続きを読む

大沢樹生&喜多嶋舞の裁判でも注目された「親子鑑定」は99.99999%の高精度!

日本では<ウサギの眼球がただれる様子>を観察! 欧米は化粧品の動物実験を廃止

9月20~26日、全国の自治体で「動物愛護週間」のさまざまなイベントが催される。 「ひろく国民の間に命あるものである動物の愛護と適正な飼養についての関心と理解を深める」のが目的だ。 これらのイベントでは、イヌやネコなどのペットに焦点が当てられがちだが、いま波紋が広が…続きを読む

日本では<ウサギの眼球がただれる様子>を観察! 欧米は化粧品の動物実験を廃止

ココロとカラダ、そして家庭が壊れる前に「メール断ち」を! 仏では就業後のメールを制限

過労死事件の場合、勤務時間外の電話連絡やメールを受けていた事例が大半だという。家庭の事情も時間帯もいっさい無視して叱責する上司の声や、取引先からの非情なクレーム案件などがどれだけのストレスを生んだことか……。 まるでON/OFFの仕切り塀を突き破るかのごとく、事実上の「…続きを読む

ココロとカラダ、そして家庭が壊れる前に「メール断ち」を! 仏では就業後のメールを制限
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子