「芸能・エンタメ」の記事一覧

なぜセクハラは減らない? 民事訴訟の損害賠償は3000万円超!セクハラ裁判で勝つ方法

カラスが鳴かない日はあっても、セクハラの悲鳴が聴こえない日はない。カラスなら追い散らせばいいが、セクハラは性懲りもなく追い迫って来る――。 相手の意思に反して、性的な言葉や行為を繰り返して不快や不安な状況に追い込み、就業環境を悪化させる。立場(権力)の強い者が利害関係の…続きを読む

なぜセクハラは減らない? 民事訴訟の損害賠償は3000万円超!セクハラ裁判で勝つ方法

元SMAP・中居正広さんが「更年期障害」に? 四十路は男のカラダの曲がり角

「チョット、体調を崩しちゃいましてね」。自身のラジオ番組『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送1月28日放送)で、元SMAPの中居正広さん(44)が約1週間の入院を明かした際の一言だ。 「おかしいんだよな、俺は体調崩さなくても生きていける人間だったのになぁ……」…続きを読む

元SMAP・中居正広さんが「更年期障害」に? 四十路は男のカラダの曲がり角

養子縁組の家庭で育った子どものほうが幸せ? 「自分に満足」「愛されている」と強く実感

世界一の少子化先進国、日本。晩婚化が進む中、自ら子どもを持たない選択をする夫婦がいる一方で、6組に1組の夫婦が不妊に悩む。全国で不妊治療を受けている患者は推計50万人にものぼるという。 ならば、養子という選択肢がもっとあってもいいのではないだろうか。 養子縁組制度に…続きを読む

養子縁組の家庭で育った子どものほうが幸せ? 「自分に満足」「愛されている」と強く実感
「がん免疫療法」の情報が氾濫~正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ
インタビュー 進行がんは「免疫」で治す 第1回 昭和大学教授 角田卓也

<第4の治療>として注目されている「がん免疫療法」。がん免疫療法の最前線で研究を続けてきたエキスパートである昭和大学の角田卓也教授に、その種類と効果、実績などを元に、一般の人が「正しく治療法を選ぶための知識」について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘