「芸能・エンタメ」の記事一覧

親のスマホ&タブレット依存で親子関係が崩壊! 大切なのは子どもと向き合う時間を増やすこと

なぜ親は子育てが苦痛になるのだろう? なぜスマホ依存に陥ったり、スマホネグレクトに走るのだろう?――。米ミシガン大学医学部小児科学のJenny Radesky氏らは、「子どもに手を焼く親ほど電子機器をよく使い、子どもと向き合う時間が減るため、親子関係の悪化につながる」とする…続きを読む

親のスマホ&タブレット依存で親子関係が崩壊! 大切なのは子どもと向き合う時間を増やすこと

死に至る「熱中症」の恐怖! 酷暑を乗り切るための熱中症対策はコレ!

まずは、このデータから。7月3日、総務省消防庁は6月25日から7月1日までの1週間に搬送された熱中症患者が全国で3473人、死者3人になったと発表。搬送患者は前週(6月18~24日)の667人から約5倍に急増、昨年同時期の約2.8倍に上っている。関東甲信地方が統計史上最も早…続きを読む

死に至る「熱中症」の恐怖! 酷暑を乗り切るための熱中症対策はコレ!

ゴリ押しカジノ法案への警告に? 『ど根性ガエルの娘』が描くギャンブル依存の父

今年6月19日、衆院本会議で「カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案」が、自民、公明、日本維新の会などの賛成多数で可決。参院に送られた。 国会は7月22日まで32日間、会期を延長することが決定され、カジノ実施法案はこの会期内に成立する見込みとなっているが、野党は依然…続きを読む

ゴリ押しカジノ法案への警告に? 『ど根性ガエルの娘』が描くギャンブル依存の父
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波