女優の星由里子さん、肺がんで死去。享年74 肺がんで急死の原因は?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女優の星由里子さん、肺がんで死去。享年74 肺がんで急死の原因は?の画像1若大将シリーズのマドンナ役は代表作のひとつ『ハワイの若大将』より

 西城秀樹さんの急死を追うかのような悲報だ。女優の星由里子さん(本名:清水由里子)は、5月16日午後11時5分に「心房細動及び肺がん」のため京都市内の病院で死去した。享年74。
 
 星さんは、これまで2度の心臓の手術を受けている。4月5日が2度目の手術だったが、手術前の検査で肺がんが見つかり、精密検査の結果、5月2日にステージ4と告知されている。5月7日に急遽入院。肺がんの自覚症状はなかったという。

 星さんを襲った肺がん(原発性肺がん)は、気管支や肺の一部の細胞にできるがん。死因は、男性の1位、女性2位(1位は大腸がん)だ。

 喫煙は、肺がんの発症率をおよそ4~10倍も高めるリスク要因だが、非喫煙者も発症する。

 肺がんは性質の異なる4タイプ(腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん、小細胞がん)に分類される。他にも、カルチノイド、腺扁平上皮がん、唾液腺型がんなどがあるが、稀だ。

 特に小細胞がんは増殖と進行が速いが、化学療法や放射線療法が他の肺がんよりも効きやすい。

 肺がんは、初期症状が出にくいため、健診で偶然見つかる場合が多い。症状が進行すれば発熱、咳、血痰、息切れ、体重減少、むくみ(浮腫)などを伴い、肺炎を併発しやすくなる。症状が出た時は、進行した病態である場合が少なくない。

 検査・診断は、痰の中のがん細胞を調べる細胞診、気管支のがん細胞を調べる気管支鏡検査、胸水の有無を調べる胸腔穿刺のほか、がんの影やリンパ節の腫れの有無を調べる画像検査、胸部レントゲン(X線)検査、胸部CT検査、頭部MRI検査、PET検査、血液検査などがある。

 このような発症や診断の機序に基づけば、星さんは何らかの症状を訴えて受診したものの、進行が速い急性の末期がんのため死去したと推察できる。

 他臓器への転移の報道はないが、リンパ節、脳、肝臓、副腎、骨などへの転移があったことから、ステージ4に進んでいた可能性は否定できない。

 たとえば、肺がんが脳に転移すると、頭痛、手足のしびれ、しゃべりにくさ、痙攣(症候性てんかん)、認知機能の低下、性格の変化などが見られる。

 しかし、星さんは、最近までドラマなどに出演を続けていることから、脳への転移は考えにくいのではないだろうか?

 また、死因は「心房細動及び肺がん」とされる。

 心房細動は、心房が1分間に450~600回の頻度で不規則に興奮し、興奮波が房室結節へ無秩序に伝わるために起きる不整脈だ。

 心房細動の原因は、加齢に伴う僧帽弁疾患などの心臓弁膜症、高血圧性心疾患、虚血性心疾患、拡張型心筋症、肥大型心筋症などの心筋疾患のほか、呼吸器疾患、甲状腺疾患などの合併症がある。

 星さんが受けた心臓手術の詳細は不明だが、何らかの原因によって「心房細動」に至ったのかもしれない。

自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛