「芸能・エンタメ」の記事一覧

カジノの入場規制「週に3回」は立派なギャンブル依存! カジノ法案が招くアリ地獄

「カジノへの入場は、7日間に3回、28日で10回まで。入場料金は6000円」――。これは、果たしてギャンブル依存症に対する歯止めになるのだろうか……? かねてより与野党で議論されていた、カジノを含む統合型リゾート(IR)の実施法案。その与党協議が、このたび一応の決着を見…続きを読む

カジノの入場規制「週に3回」は立派なギャンブル依存! カジノ法案が招くアリ地獄

ドラマ『がん消滅の罠』女医が見た診断書の怖さとドラッグラグのトラウマ

4月2日に放送されたスペシャルドラマ『がん消滅の罠~完全寛解の謎~』を見ました。医療ドラマといってもかなりのミステリーなこの作品。唐沢寿明、渡部篤郎、及川光博らそうそうたる俳優陣で期待値が高まりましたね。 及川光博さんは主人の先輩ということもあり、少々おいちゃん応援気味…続きを読む

ドラマ『がん消滅の罠』女医が見た診断書の怖さとドラッグラグのトラウマ

親しき仲にもスマホ断ち? スマホを手元に置くだけで食事や会話を楽しめなくなる

普段は離れ離れの家族が久しぶりに団欒を囲む時、あるいは、旧交を温める目的で集った女子会の宴席で、あなたは下記のどのタイプだろう? ①どんな状況下でもスマートフォン(スマホ)は肌身離さず手元に置く派 ②最低限の礼儀としてスマホは鞄やポケットにしまう派 ③その場を満…続きを読む

親しき仲にもスマホ断ち? スマホを手元に置くだけで食事や会話を楽しめなくなる
トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆