シリーズ「本能で楽しむ医療ドラマ主義宣言!」 第16回

『ブラックペアン』過剰で疑問だらけの医療設定 もっと二宮和也の切れた台詞が欲しい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ブラックペアン』過剰で疑問だらけの医療設定 もっと二宮和也の切れた台詞が欲しい!の画像1

カテーテルとスナイプのハイブリット術は現実的?(depositphotos.com)

 今回もインパクトファクター、理事長選の行方、治験コーディネーターとの怪しい会食とすれすれの話題満載でしたが、今回はニノ(二宮和也)のお母さんとの会話が一番良かった!

 毎回、お母さんからのお米を食べているニノ。母からの電話を面倒くさそうにしながらも、絶対電話には出る!佐伯教授にお米を渡すように言う母と現場のニノの温度差がリアルでした。

 そして母の後ろの仏壇には白衣をきた御父上の遺影が・・・。佐伯教授と御父上は親しい仲で、父が裏切られたのであろうという予測はたってきましたね。

 ニノと佐伯教授には、他の人とは違った関係性があり、佐伯教授の教室にはニノが絶対的に必要な存在になっていることも明確になってきました。お互いに性格と弱みをわかったうえで、駆け引きのような付き合いをしているニノと佐伯教授。ニノが佐伯教授を失脚させるのか?佐伯教授のオペ失敗を退職金と引き換えに、成功させてあげちゃったりして?

今回までは理想的な医者に見えている高階先生

 そして、ついに書きあがった外科ジャーナルへの投稿論文。実際には、論文の一番最後に名前が書かれた教授がインパクトファクターをとる、と言っていましたが、私の知る限りそれはございません。完全にドラマの設定です。論文の最後は参考文献がずらりと並ぶだけです。そしてどうせなら海外の雑誌に投稿すればもっとインパクトファクターが高いのに!

 高階先生、実はとても良い人なにでしょうか。患者さんを救いたい気持ちでスナイプを必死に行っていることはよくわかりました。外科手術は上手ではないのかもしれないけど、患者のためにリサーチを重ねた結果スナイプを日本に導入し、患者を助けるために教授にゴマをすり、敵陣にも乗りこんだ、と言っていました。

 日中は臨床をこなし夜は論文を書き、オペ前には必死にシュミレーションを行っていました。そして患者を助けるために、ライバルに頭を下げる。裏ではまだ何かありそうな気もしますが、今日までの高階先生は理想的な医者ではなかったでしょうか?このブラックペアンを見ていて、黒い医者が多い中で、ニノとは違った意味で良い医者を見た気がしました。世良君も素敵な医師ですが。

 前回から、腕のいいニノと高階の最強コンビが良い感じで描かれています。機械だけでは医療の成功ならず、やはり機械を使いこなす腕が必要だ、ということの表れでしょうか。医療のIT化が進む今だからこそ、ちょっとホッとする演出です。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫