「芸能・エンタメ」の記事一覧

寝る子にスマホは触らすな! 就寝前のスマホ・ゲームで近視・肥満・睡眠障害に

昨年のクリスマスは、わが子に念願の携帯電子機器をプレゼント。その喜んだ笑顔が迎春後も忘れられない――。そんな親御さんも決して少なくないだろう。 が、そういう親御さんにこそ、12月22日に文部科学省が公表した『学校保健統計調査』の結果と、米国発の新知見を知っていただきたい…続きを読む

寝る子にスマホは触らすな!  就寝前のスマホ・ゲームで近視・肥満・睡眠障害に

29歳で夭逝した村山聖 羽生善治に6勝7敗の成績を残した天才棋士

「永世7冠」羽生善治名人に6勝7敗、怪童丸と呼ばれた天才がいた。病魔に悠然と対峙し、名人位への難局に満身創痍さながらに果敢に挑んだ不世出の大器村山聖(むらやま・さとし)だ。 1998(平成10)年8月8日、村山は、入院先の広島大学病院で進行性膀胱がんのため永眠。享年…続きを読む

29歳で夭逝した村山聖 羽生善治に6勝7敗の成績を残した天才棋士

マツコ・デラックス「めまい」で入院  三半規管にウイルス混入か?

11月12日、タレントのマツコ・デラックス(45)が体調不良で東京都内の病院に入院した。 所属事務所(ナチュラルエイト)によれば、三半規管にウイルスが混入し、めまいやふらつきなどを発症したため、10日に入院。点滴と投薬を受けたが、食欲もある。マツコは「迷惑かけて、みなさ…続きを読む

マツコ・デラックス「めまい」で入院  三半規管にウイルス混入か?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆