「芸能・エンタメ」の記事一覧

若者がセックスも就職も放棄!? ドラマ『過保護のカホコ』が共感された理由

「おまえみたいな過保護がいるから日本が駄目になる」――。 この夏ヒットした日本テレビ系ドラマ『過保護のカホコ』で登場したセリフだ。主人公は、両親に溺愛されて育った女子大生の根本加穂子(ねもと・かほこ)。第1話で同じ大学に通う画家志望の麦野初(むぎの・はじめ)がカホコに言…続きを読む

若者がセックスも就職も放棄!? ドラマ『過保護のカホコ』が共感された理由

飯島愛の死因、怪死の真相は?「トマトジュースのような尿が出る」と芸能界を引退

2008年12月24日午後3時15分ごろ、飯島愛は、東京都渋谷区桜丘町の渋谷インフォスタワーの自室で昏倒。たまたま訪れた知人女性に発見され、119番通報が入る。 捜査に当たった警視庁渋谷警察署は、死後およそ1週間が経過していることから、死亡推定日は12月17日前後と判定…続きを読む

飯島愛の死因、怪死の真相は?「トマトジュースのような尿が出る」と芸能界を引退

夫婦喧嘩の原因はココにあった! 「浪費癖」よりも「金銭感覚」の探り合いか?

昔から「愛想尽かしは金から起きる」なんてコトワザがある。金回りが立ち行かなくなると途端に、男女仲が悪くなる。そのままならば「金の切れ目が縁の切れ目」となる。 ネットショッピング全盛の現代であれば、「喧嘩は注文履歴から起きた」なんて夫婦も少なくないだろう。節約家と浪費家の…続きを読む

夫婦喧嘩の原因はココにあった! 「浪費癖」よりも「金銭感覚」の探り合いか?
外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真