「芸能・エンタメ」の記事一覧

早逝・西城秀樹さんが晩年闘った脳梗塞~「死にたくなるほど辛かった」理由とは?

5月17日、西城秀樹さん(享年63)の臨時訃報が飛び込んで以降、TV各局では、最初の脳梗塞発症(48歳)時からリハビリに励む映像が繰り返し流された。 その闘病姿は、若い頃から人一倍カッコよさにこだわって大衆を魅了してきた大物スターの、あまりにも潔い病後の赤裸々像であり、…続きを読む

早逝・西城秀樹さんが晩年闘った脳梗塞~「死にたくなるほど辛かった」理由とは?

『ブラックペアン』治験コーディネーターの描き方に抗議 二宮和也のリアルな演技に共感

『ブラックペアン』に(社)日本臨床薬理学会から抗議声明が出されました。描写の一部において、現実とのギャップがありすぎて誤解を招きかねないとの懸念が示されたのです。現場で必死に働いている者からすれば、心地よくない描写は確かにあるのかもしれません。 臨床の場でも、メディアが「…続きを読む

『ブラックペアン』治験コーディネーターの描き方に抗議 二宮和也のリアルな演技に共感

障害者の職場は「助成金」頼り? 事業所閉鎖で浮き彫りに「不自然な障害者ビジネス」

障害者の働く場所がどのように確保されるべきか――。依然として難しいこの問題について、改めて課題が突きつけられたのが、「障害者就労継続支援A型事業所」をめぐる一連の問題である。 特に大きく報じられたのは、2017年7月末に、岡山県倉敷市にある5つの就労継続支援A型事業所が…続きを読む

障害者の職場は「助成金」頼り? 事業所閉鎖で浮き彫りに「不自然な障害者ビジネス」
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇