「芸能・エンタメ」の記事一覧

日大アメフト問題〜スポーツで傷害罪は成立する?刑事司法は罪の有無を明確にすべき

日大と関西学院大のアメリカンフットボールの定期戦で悪質タックルがあり、大きな議論になっています。当該選手は、監督・コーチの指示で意図的に反則タックルを行ったこと、自分にアメリカンフットボールをする資格がないこと、アメリカンフットボールをやめることを記者会見で明らかにして謝罪…続きを読む

日大アメフト問題〜スポーツで傷害罪は成立する?刑事司法は罪の有無を明確にすべき

早逝・西城秀樹さんが晩年闘った脳梗塞~「死にたくなるほど辛かった」理由とは?

5月17日、西城秀樹さん(享年63)の臨時訃報が飛び込んで以降、TV各局では、最初の脳梗塞発症(48歳)時からリハビリに励む映像が繰り返し流された。 その闘病姿は、若い頃から人一倍カッコよさにこだわって大衆を魅了してきた大物スターの、あまりにも潔い病後の赤裸々像であり、…続きを読む

早逝・西城秀樹さんが晩年闘った脳梗塞~「死にたくなるほど辛かった」理由とは?

iQOS(アイコス)ファン9割は日本人~フィリップモリス「受動喫煙ほとんどない」と発表

まずは下記①②はそれぞれ、どんな商品の謳い文句(その一部)で、いったい誰の発言なのか、その出典を推理していただこう。 ①「感じよう。タバコの煙やニオイから解放された自由を。」 ②「望まない受動喫煙がなくなるよう、同世代の意見を代弁して発信していきたい」 正解者は…続きを読む

iQOS(アイコス)ファン9割は日本人~フィリップモリス「受動喫煙ほとんどない」と発表
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆