「芸能・エンタメ」の記事一覧

『アンナチュラル』のビル火災 現役女性医師が読み解く複数の焼死体の判別法

「焼死」とは火災などによる死亡の総称です。焼死体には死因が焼死である死体のほかに、他の何らかの死因による死亡後に焼却された死体(焼損死体)が含まれる可能性があり、正確には「焼けた死体」というべきものです。 今回のドラマでは10体の焼死体が登場し、9番目のご遺体の死因を廻…続きを読む

 『アンナチュラル』のビル火災 現役女性医師が読み解く複数の焼死体の判別法

『アンナチュラル』現役医師が感じた心肺蘇生術&感電死への違和感

第6回の『アンナチュラル』。集団暴行、ビットコイン(仮想通貨)など、最近耳にした様な言葉が盛りだくさんの内容でしたね。ただ医学ネタに関しては開業医である私からみても、突っ込みどころ満載で、アンナチュラルな場面がありました(笑) まず、今の心肺蘇生術は30回の心臓マッサー…続きを読む

『アンナチュラル』現役医師が感じた心肺蘇生術&感電死への違和感

『アンナチュラル』若い女医を小馬鹿にする医学会の重鎮はドラマ以上に現実の世界!

『アンナチュラル』の3回目、穏やかに見過ごすことができないふか~いテーマが出てきましたね。<責任転嫁は女性の特徴…。未熟な女性研究者……。女性は感情的……。>カチ~~~~~ン!!!!!!! 古臭い権威を振りかざし若い女性の医師を馬鹿にする医学界の重鎮、自分の筋書きを乱…続きを読む

『アンナチュラル』若い女医を小馬鹿にする医学会の重鎮はドラマ以上に現実の世界!
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇