「芸能・エンタメ」の記事一覧

福島第一原発事故から7年~放射線治療の専門家・西尾正道医師が説く、放射線の光と闇

3月11日、東日本大震災、そして福島第一原子力発電所事故の発生から7年を迎える。 被災地の復興が進む一方、復興庁が2018年1月にまとめた震災による避難生活者は、約7万5000人。いまだに多くの被災者が故郷を離れたり、仮設住宅での不自由な生活を余儀なくされたりしている。…続きを読む

福島第一原発事故から7年~放射線治療の専門家・西尾正道医師が説く、放射線の光と闇

俳優ロビン・ウィリアムズの自殺に後追いの連鎖~SNS時代の自殺報道のあり方

2014年8月~12月の5カ月間に限り、米国内の自殺既遂者が、統計上の予測人数を1841人も著しく上回っていた。その背景には、縊死(首つり自殺)した名優の「後追いの影響」である可能性が高い――。 その詳細が分析されたのが『PLOS ONE』(オンライン版2月7日付)に掲…続きを読む

俳優ロビン・ウィリアムズの自殺に後追いの連鎖~SNS時代の自殺報道のあり方

エビ中・松野莉奈 突然死の原因は?死因とされる致死性不整脈とは

気温1.9度。湿度26%。凍てるほどの冷え込みに街は黙している。昨年2月8日午前5時。「私立恵比寿中学」(エビ中)の松野莉奈は、致死性不整脈のため搬入先の救急病院で急死する。享年18。寝耳に水の悲報。マスメディアは騒然となる。死の前日、体調不良を訴え、コンサートの出演を急遽…続きを読む

エビ中・松野莉奈 突然死の原因は?死因とされる致死性不整脈とは
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆