「芸能・エンタメ」の記事一覧

殺虫剤がきかない「南京虫(トコジラミ)」の被害が拡大〜欧米ではホテルの休業騒ぎ

日本政府観光局(JNTO)の累計では、今年の1〜3月の訪日外客数(総数)は575万2800人、前年同月比の伸率39.3%と絶好調ぶりが伺える。 2020年東京五輪を見据えた宿不足解消策として東京・大田区で特区民泊事業も始まったが、今回紹介する問題には、どんな国家戦略が取…続きを読む

殺虫剤がきかない「南京虫(トコジラミ)」の被害が拡大〜欧米ではホテルの休業騒ぎ

羽生結弦選手、全治2カ月が判明~リスフラン関節靭帯損傷は完治の見極めが難しい!?

羽生結弦選手の復帰はいつ? ファンならずとも、フィギュアスケート界を背負うプリンスの故障に注目の報告がなされた。 羽生選手について日本スケート連盟は4月26日、左足リスフラン関節靭(じん)帯損傷のため全治約2カ月間が必要であることを公表した。 世界フィギュアスケー…続きを読む

羽生結弦選手、全治2カ月が判明~リスフラン関節靭帯損傷は完治の見極めが難しい!?

乙武氏の不倫騒動で注目される「障害者の性」〜“ホワイトハンズ”の射精介助サービスをどう思う?

乙武洋匡氏の不倫騒動で注目が集まった「障害者の性」の問題。以前、当サイトでも触れたように、乙武氏と親交がある社会学者の古市憲寿氏は「『不倫相手』がしていたことは、愛情表現としての実質上の介護に近いものだった」というコメントしているが――。 そこで今回は、「障害者の性」に…続きを読む

乙武氏の不倫騒動で注目される「障害者の性」〜“ホワイトハンズ”の射精介助サービスをどう思う?
「がん免疫療法」の情報が氾濫~正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ
インタビュー 進行がんは「免疫」で治す 第1回 昭和大学教授 角田卓也

<第4の治療>として注目されている「がん免疫療法」。がん免疫療法の最前線で研究を続けてきたエキスパートである昭和大学の角田卓也教授に、その種類と効果、実績などを元に、一般の人が「正しく治療法を選ぶための知識」について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘