「芸能・エンタメ」の記事一覧

東日本大震災から5年〜いまだに増え続ける「震災関連死」の現状と原因は?

2016年2月10日、警察庁は、3.11東日本大震災による死者1万5894人、重軽傷者6152人、警察に届出があった行方不明者2562人と発表した。 2016年1月4日付け毎日新聞の報道によれば、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故による震災関連死と認定された人は、昨…続きを読む

東日本大震災から5年〜いまだに増え続ける「震災関連死」の現状と原因は?

V6岡田准一は「砂糖依存症」だった!? 初めて明かされた〝シュガー時代〟の秘話

軍師官兵衛の好演が記憶に新しいV6・岡田准一さん(35)の口から「シュガー時代」という意外な過去が明かされたのは3月1日。共演の阿部寛さんや尾野真千子さんと一緒に登壇した映画『エヴェレスト 神々の山嶺』の舞台挨拶上でのことだった。 当日は新社会人限定の試写会で、開口一番…続きを読む

V6岡田准一は「砂糖依存症」だった!?  初めて明かされた〝シュガー時代〟の秘話

毛髪、フケ、体毛、犯人が身に着けていた衣服の繊維……微細な遺留品でも犯人像は丸見え!

「犯罪現場では人と人、人と物のあいだで、必ず証拠が交換される」――エドモンド・ロカール(フランスの犯罪学者) 地球は広いが、文明との接触を拒むアマゾン奥地の未開部族でも丸裸で暮らしている人はまずいない。ましてや、犯罪を企てる不逞の輩が下着や衣服を身につけずに犯行に及ぶと…続きを読む

毛髪、フケ、体毛、犯人が身に着けていた衣服の繊維……微細な遺留品でも犯人像は丸見え!
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛