「芸能・エンタメ」の記事一覧

最愛の小林麻央さんを亡くしたときに……市川海老蔵さんの自己解決「セルフケア」とは

最愛の相手を亡くした人が、その痛切さを明かす場面に遭遇した経験の持ち主ならば、きっとおわかりだろう。 その彼(彼女)が打ち明けたい相手は、何も自分とは限らず、身内か親友か仕事仲間かという関係の濃淡にも関係なく、耳を傾けてくれる誰か(=赤の他人をも含む)でありさえすれば、…続きを読む

最愛の小林麻央さんを亡くしたときに……市川海老蔵さんの自己解決「セルフケア」とは

市川海老蔵さんも「没イチ」に……<配偶者ロス>を越えていく生き方は?

6月22日、乳がんで闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが34歳の若さで亡くなった。同じ病気の人を勇気付けようと始めた小林さんのブログの読者は200万人超。ブログ読者以外にもテレビやネットの報道で多くの人が彼女の病状に一喜一憂していたから、その死は日本中にショックを…続きを読む

市川海老蔵さんも「没イチ」に……<配偶者ロス>を越えていく生き方は?

溺れた人には「AED」より「胸骨圧迫」~脳に障害を残さず生還が3倍もアップ

梅雨が明ければ夏本番。多くの人たちがプールや海水浴、川遊びなど、水辺のレジャーを楽しむ季節がやってくる。 半面、水難事故が一気に増えるのもこの時期だ。7月と8月に発生する水難事故の数は年間の40%以上を占める。年間700人強〜900人弱が死者・行方不明 「政府広…続きを読む

溺れた人には「AED」より「胸骨圧迫」~脳に障害を残さず生還が3倍もアップ
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆