インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第1回:久里浜医療センター・樋口進院長

スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で400万人以上!?の画像1

「オンラインゲーム依存」は国内で約421万人(depositphotos.com)

 スティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』が公開されヒット中だ。同作は、現実世界に喜びを見出せなくなり、VR(バーチャル・リアリティ)の世界である「オアシス」の中で人生を謳歌する人々が描かれる。

 現実世界の生活費をオアシス内のアイテムを購入するためにつぎ込む「重課金プレイヤー」も登場するなど、今日のネトゲ依存者を彷彿とさせる描写も満載だ。

 さて、『レディ・プレイヤー1』のVRは現実と見まごうばかりの超リアル空間だが、いま多くの人が夢中になり、生活の破綻を呼び込んでいるのが、手のひら上の小さな画面に映し出されるスマホゲームの世界である。

 そして、全国にさきがけてスマホゲーム依存症の治療に取り組んでいるのが、独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長だ。樋口院長にスマホゲーム依存の実態と、その治療法について聞いた。

「オンラインゲーム依存」は国内で約421万人

 「我々がネット依存の外来を始めたのは2011年。その頃はまだスマホは出始めで、ゲーム機やパソコンで『MMORPG(大規模多人数参加型オンラインRPG)』や『FPS(ファースト・パーソン・シューティング:一人称視点のシューティングゲーム)』にはまっている方が多かった。その機種がスマホへと移行しているのが最近の特徴です」

 今日に至るまでの経緯を、上記のように説明する樋口院長。さらに続けて――

 「私たちは『インターネット依存』の看板を掲げていますが、お見えになる方の9割は『ゲーム依存』、そして、そのほとんど全員が『オンラインゲーム依存』です。オフラインゲームに依存しているという人は、いまはほとんどいないですね」

 樋口院長の著書『スマホゲーム依存症』(内外出版社)にも記されている、2013年に久里浜医療センターが実施した、日本の成人に対する実態調査によると、ネット依存の傾向のある者は男性は4.5%、女性は3.6%。その数は約421万人と推計されるという。

 強くなっても、現実世界で何かが残るわけではないオンラインゲーム。なぜ、そこまでハマってしまうのだろうか?

 「ネットの世界だから、プレイしていても相手がいるわけで、チームを組めばそこで自分の役割も生まれる。その中で勝ち進んでいったり、自分の実力を認められると、現実とは別次元の楽しさがそこに生まれるんでしょうね」

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆