ドラッグ&セックスの「キメセク」は本当に気持ちいい? 射精が困難になる薬物も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4999823_s-2015.jpg

覚せい剤を使用したセックスは気持ちいい?(depositphotos.com)

 押尾学、酒井法子(2009年)、ASKA(2014年)、高知東生(2016年)……。近年、薬物の使用・所持で逮捕された芸能人たちだが、これらのケースには共通点がある。それは、カップルで使用していることだ。

 押尾学は、六本木ヒルズの一室でクラブホステスとMDMAを使用して相手は死亡。ASKAは、10年来の愛人と一緒に覚せい剤を使用したところを逮捕された。酒井法子は夫(当時)が覚せい剤の所持で捕まったあとに行方をくらましたものの、自らも逮捕されている。

 高知東生の場合、横浜市内のラブホテルで一緒にいたクラブホステスと共に現行犯逮捕された。このようにカップルで逮捕される薬物事件が多いのはなぜか?

 その因果関係を分析した本が、闇社会のルポで知られるノンフィクション作家・溝口敦氏の書いた、その名もズバリ『薬物とセックス』(新潮新書)だ。

 覚せい剤常習者の間では、覚せい剤を使用しながらのセックスを「キメセク」と呼ぶ。溝口氏が薬物とセックスの関係に着目したのも、「現代において覚せい剤の使用はセックスと切り離せない関係にある、と最初から認識しておいたほうが、薬物をより正確に見ることができるのではないか」と考えたからだという。

「覚せい剤」は「催淫剤」ではない

 それでは、覚せい剤を使用してのセックスとはどのようなものなのか? 多くの常習者が使用しながらのセックスを好むところからすると、非常に興奮し、勃起も促進されるのかと考えそうだが、そう単純なものでもないらしい。

 溝口氏が取材した、ある厚生労働省の麻取関係者は、次のように話している。

 「覚せい剤には強い精神興奮作用があり、集中力を高め、眠気や疲労感を除去するなどの効果の他、性的快感を増強する作用があると言われている(しかし性欲を亢進させる、いわゆる催淫剤でない)」

 「問題は覚せい剤を使う目的をどこに向けるかです。ドライバーなら運転への集中力、持続力に期待して使うだろうし、享楽を目的とする物なら、快楽への長続きと、それへの熱中を増すために使うかもしれない」

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘