「芸能・エンタメ」の記事一覧

24年連続で増加する日本の「児童虐待」は年間8万8931件、4日に1人の子供が虐待死の現実!

目を背けたくなるような児童への陰湿な性的虐待や非人道的な権利侵害が世界各地で起きている——。 5月13日付けのAFPBB Newsによれば、児童の性的搾取に関する調査報告書「Global Study on Sexual Exploitation of Children …続きを読む

24年連続で増加する日本の「児童虐待」は年間8万8931件、4日に1人の子供が虐待死の現実!

男性はみなナルシシズム(自己愛)が強い!? いまや「自己愛性パーソナリティ障害」は16人に1人

「あらゆる星が北極星を中心として動いているように、世界は私を中心として動いている。私は秩序そのものであり、法律そのものである」――ウィリアム・シェークスピア『ジュリアス・シーザー』 シーザーのように、ありのままの自分を受け入れず、自分は特別で偉大な存在だと肥大化した自己…続きを読む

男性はみなナルシシズム(自己愛)が強い!? いまや「自己愛性パーソナリティ障害」は16人に1人

なぜ、仕方なく進学した女子はキャバ嬢になるのか? データが裏付ける「格差社会」の拡大

「一億総中流」という意識は、どこへ消え去ってしまったのか――。 「低所得層」「経済格差」「教育格差」といった言葉が喧伝されるようになって久しい。それはフレーズ先行の印象論ではなく、実態を裏付けるさまざまなデータからも明らかになっている。 4月22日、東京都足立区は、…続きを読む

なぜ、仕方なく進学した女子はキャバ嬢になるのか?  データが裏付ける「格差社会」の拡大
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多ト…

河野寛幸