「芸能・エンタメ」の記事一覧

坂口良子の最期 横行結腸がんに侵され57歳の若さで永眠

満面の笑顔が女の命運を決めることがある。微笑みがセピア色に変わっても、愛くるしさだけは、いつまでも消え去らない。そんな稀有な女優がいた――。2013(平成25)年3月27日午前3時40分、坂口良子は、横行結腸がんから肺炎を併発し永眠。享年57。 急死直前の3月中旬頃、『…続きを読む

坂口良子の最期 横行結腸がんに侵され57歳の若さで永眠

キューバの米大使館に<聞こえない音>の攻撃? 外交官らに「外傷性脳損傷」の被害!

2017年9月29日、米国務省はキューバの首都ハバナにある米大使館職員の半数以上を帰国させると発表した。その理由は驚くべきものだった。「外部から正体不明の攻撃を受け、大使館職員に健康被害が相次いでいる」というのだ。 これまでに少なくとも22人が、聴力低下、めまい、頭痛、…続きを読む

キューバの米大使館に<聞こえない音>の攻撃? 外交官らに「外傷性脳損傷」の被害!

火葬後の「残骨灰」は宝の山!処理業者が狙う金・銀・プラチナなどの有価金属は誰のもの?

生老病死は世の常。死ねば荼毘に付され野辺の送りが待つ。火葬し収骨した後の粉砕された白骨の寒々しさ――。だが、寒々しいのは語感だけではない。利欲のためなら「骨の髄までしゃぶる」……。そんな浅ましさの限りを尽くす、愚かな人間の業欲を見せつけられたニュースがある。 火葬後、遺…続きを読む

火葬後の「残骨灰」は宝の山!処理業者が狙う金・銀・プラチナなどの有価金属は誰のもの?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆