「芸能・エンタメ」の記事一覧

かつては次長課長・河本準一にバッシング~ドラマ・ケンカツで学ぶ生活保護の問題

区役所の生活課のケースワーカー・義経えみるを主人公に、生活保護という制度の持つさまざまな問題を取りあげるドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』。 視聴率は前回の第4回で5.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と苦戦中だが、生活保護制度について考えるきっかけとしては、それ…続きを読む

かつては次長課長・河本準一にバッシング~ドラマ・ケンカツで学ぶ生活保護の問題

高校野球で熱中症対策が新たな風物詩に 甲子園観戦で搬送者続出

熱中症対策が新たな風物詩? 8月5日、甲子園球場(兵庫・西宮市)で全国高校野球選手権大会が開幕した。今年は記念すべき第100回大会、開会式には史上最多の56校が出揃い、晴れの入場行進に臨んだ。 今夏の「異変」を何よりも象徴していたのが、選手陣やプラカードを持つ生徒らの…続きを読む

高校野球で熱中症対策が新たな風物詩に 甲子園観戦で搬送者続出

親のスマホ&タブレット依存で親子関係が崩壊! 大切なのは子どもと向き合う時間を増やすこと

なぜ親は子育てが苦痛になるのだろう? なぜスマホ依存に陥ったり、スマホネグレクトに走るのだろう?――。米ミシガン大学医学部小児科学のJenny Radesky氏らは、「子どもに手を焼く親ほど電子機器をよく使い、子どもと向き合う時間が減るため、親子関係の悪化につながる」とする…続きを読む

親のスマホ&タブレット依存で親子関係が崩壊! 大切なのは子どもと向き合う時間を増やすこと
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆