「芸能・エンタメ」の記事一覧

野村不動産で過労自殺! 厚労省の黒塗り文書が隠す「裁量労働制=人件費削減プラン」?

いま国は、森友学園との国有地取引に関する公文書の改ざんの問題で揺れている。3月27日には前国税庁長官の佐川宣寿氏の証人喚問が行なわれ、「答弁を控えたい」の連発による証言拒否が問題に……。 だが、こちらの「資料の黒塗り問題」も、それと同じくらい深刻な事案だ。国が導入を推進…続きを読む

野村不動産で過労自殺! 厚労省の黒塗り文書が隠す「裁量労働制=人件費削減プラン」?

『アンナチュラル』女医が見た法医学者ミコトの矜持 文書改ざんを拒み真実を追究!

ついに『アンナチュラル』が最終回を迎えましたね。いや~、むかむかきましたね、宍戸。事件を不透明なものにして人の好奇心を煽り自分がジャーナリストして成功をおさめようなんて! 息子が横で「この俳優さん『西郷どん』の侍だよ」なんていうものだから、思わず拍子抜けしてしまいながらも、…続きを読む

『アンナチュラル』女医が見た法医学者ミコトの矜持 文書改ざんを拒み真実を追究!

裁量労働制「定額働かせ放題プラン」は誰得? 迷走する働き方改革の行方

3月1日、かねてより安倍晋三首相が導入を目指していた「働き方改革関連法案」における「裁量労働制」の対象拡大について、これを全面削除し、今国会での提出を断念することを表明した。 経緯を振り返れば、平昌(ピョンチャン)五輪での羽生結弦選手や小平奈緒選手らの活躍に日本が沸いて…続きを読む

裁量労働制「定額働かせ放題プラン」は誰得? 迷走する働き方改革の行方
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛