「芸能・エンタメ」の記事一覧

なぜ人は逆走してしまうのか? 高速道路での逆走事故は死亡率が13%

日本の高速道路上での逆走事案は、「およそ〇日に1回の割合」で発生しているか? そう問われたら、さて、あなたは〇内の数字をどう回答するだろうか? 正解は「2日に1回」、実に驚愕の事実である。 とても信じがたい、それはもしや四捨五入の数字なのでは!? と疑い深い方には、平成…続きを読む

なぜ人は逆走してしまうのか? 高速道路での逆走事故は死亡率が13%

iQOS(アイコス)から有害物質? 日本禁煙学会が緊急警告! マメな掃除が唯一の対策

これは「灯台もと暗し」ならぬ、「アイコス(iQOS)もと臭し」とでも言うべき話題だろうか。 昔から「火のない所に煙は立たぬ」とはいうものの、火を使わない加熱式たばこの代名詞的製品であるアイコスに、先日「煙(噂)」の域どころか深刻で具体的な「緊急警告」が突き付けられた。…続きを読む

iQOS(アイコス)から有害物質? 日本禁煙学会が緊急警告! マメな掃除が唯一の対策

高校野球で熱中症対策が新たな風物詩に 甲子園観戦で搬送者続出

熱中症対策が新たな風物詩? 8月5日、甲子園球場(兵庫・西宮市)で全国高校野球選手権大会が開幕した。今年は記念すべき第100回大会、開会式には史上最多の56校が出揃い、晴れの入場行進に臨んだ。 今夏の「異変」を何よりも象徴していたのが、選手陣やプラカードを持つ生徒らの…続きを読む

高校野球で熱中症対策が新たな風物詩に 甲子園観戦で搬送者続出
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波