「芸能・エンタメ」の記事一覧

ゴルファー片山晋呉さんの復活の陰に「再生医療」〜幹細胞治療で五十肩の痛みを改善

今年の日本男子ゴルフ界の大きな話題の一つが、10月のマイナビABCチャンピオンシップで片山晋呉プロが史上6人目(歴代5位タイ)となるツアー通算30勝目を挙げたことだ。 しかし、真の立役者が「再生医療」であったことを見抜いたマスメディアは、いまだ皆無である。「首と腰」…続きを読む

ゴルファー片山晋呉さんの復活の陰に「再生医療」〜幹細胞治療で五十肩の痛みを改善

米国で「キメラ」作成の一部を解禁! 映画『エヴォリューション』から想起される生物の<進化>

多くの人にとってあまり馴染みがなく、またどことなく神秘的な響きを持つ「キメラ」――。その語源は、ギリシャ神話に登場するライオンの頭、ヤギの胴体、ヘビの尾を持つ怪物「キマイラ」にあるという。生物学的には、「2つ以上の異なった遺伝子型あるいは異なった種の細胞から作られた生物個体…続きを読む

米国で「キメラ」作成の一部を解禁! 映画『エヴォリューション』から想起される生物の<進化>

トランプ氏の勝利で懸念される健康問題。10年以内に心臓発作の確率が7%!

米大統領選の大勢が判明した。勝ったのはドナルド・トランプ氏(70歳)だ。「史上最大の泥試合」とまで評されたほど政策論争のない誹謗中傷とあげ足取りに終始した選挙だった。しかし日本のメディアがコレほどまでにアメリカ大統領選に時間を割いたことがあっただろうか?今回の選挙が極めて劇…続きを読む

トランプ氏の勝利で懸念される健康問題。10年以内に心臓発作の確率が7%!
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多ト…

河野寛幸