ペットが認知症は早期の発見・予防・治療が決め手! 「夜鳴き」「徘徊」は末期症状か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペットが認知症は早期の発見・予防・治療が決め手! 「夜鳴き」「徘徊」は末期症状か?の画像1

イヌやネコも認知症になるか?(depositphotos.com)

 長命長寿のまま一生を終えてほしい――。その願いは、ヒトもイヌもネコも変わらない。しかし、イヌもネコも、そしてヒトも、長生きすればするほど「認知症」になりやすくなるのは避けられない。

 日本動物病院福祉協会(JAHA)の獣医内科認定医である小宮山典寛氏によれば、「認知症」の症状を軽減し進行を遅らせる最善策は、「早期発見」「早期予防」「早期治療」に尽きると指摘する(参考:動物病院「三鷹獣医科グループ・新座獣医科グループ」のサイト)。

 周囲や飼い主を認識できなくなる機能障害、認知症。正常な加齢変化とは異なる脳の組織構造と脳内化学物質が変化するため、認知能力の衰退、 刺激への反応性・学習力・記憶力の低下、行動の異変が起きる進行性の慢性疾患だ。

 ただ、認知症に罹っても、飼い主は「日常の動作が少し遅くなったかな?」と老化現象と勘違いするため、末期症状の「夜鳴き」や「徘徊」などの症状が現れて初めて気づく場合が少なくない。

大型犬6〜10歳頃、小型犬12〜16歳頃、ネコ11〜15歳頃に発症!

 どんなイヌが認知症に罹りやすいのだろう?  小宮山氏によれば、日本犬が約80%を占めるが、柴犬が約30%と多い。小型犬のヨークシャテリア、シーズー、トイプードルも罹りやすいが、ネコは種による差は少ない。

 発症は何歳頃だろう? 大型犬なら6〜10歳頃、小型犬なら12〜16歳頃、ネコなら11〜15歳頃に起きる。ネコはイヌより少し遅い傾向があるが、高齢前の発症も見られる。

 どのような症状が出るのだろう? まず、イヌの場合――。

●トイレの行動や躾を忘れる。
●夜に大声で鳴く。
●飼い主の認識や記憶を喪失する。
●普段寝ない時間に寝たり起きたりする。
●慢性的で進行性の異常行動が見られる。
●入口や出口を間違えたり、よく知った道でも迷う。
●視覚や聴覚が低下する。

 猫の場合――。

●コーナーの隅から出て来ない、食餌をしたのを忘れる。
●覚えていた行動、躾を忘れる。
●普段寝ない時間に寝たり起きたりする。
●目的なく徘徊し、行動が減少する。
●グルーミング(毛づくろい)が減る。
●夜に大声で鳴く。
●異常に食欲が増す。

 このような症状が出る前に手を打たなければならない。

若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!
インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

テストステロン(男性ホルモン)の存在に着眼し、AGA(男性型脱毛症)治療、男性皮膚治療、男性更年期、前立腺がんのサポート、男性不妊など、男性の外見や内面の健康に関わる様々な治療を独自の視点から行うメンズヘルスクリニック東京(東京・丸ノ内)の小林一広院長。第3回目は「男性妊活・男性力」について。
第1回AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人
第2回男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘