ペットに「再生医療」「がん免疫細胞治療」! イヌとネコの寿命が大幅に延長

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペットに「再生医療」「がん免疫細胞治療」! イヌとネコの寿命が大幅に延長の画像1

平均寿命は25年でイヌが1.5倍、ネコが2.32倍(depositphotos.com)

 日本でペットとして飼われているイヌとネコの平均寿命は、イヌが13.2歳、ネコが11.9歳。どちらも過去最高を更新した(東京農工大学と日本小動物獣医師会の大規模調査:「毎日新聞」2016年9月14日)。

 1990年、1994年、2002年に次いで4回目となる2014年の調査では、全国192の動物病院で死んだイヌ5977匹、ネコ3288匹のデータから平均寿命を算出。1990年の平均寿命はイヌ8.68歳、ネコ5,1歳だったので、およそ25年間でイヌ1.5倍、ネコ2.32倍の急伸長だ。

 イヌは純血種(12.8歳)よりも雑種(14.2歳)が、ネコはオス(11歳)よりもメス(12.9歳)が長生きだった。感染症による死因率はイヌが約2.5%、ネコが約12%に激減。ワクチン接種率はイヌが約82%、ネコが約54%とイヌのほうが高い。

 室内飼いで餌や医療環境が改善され、ワクチン接種の普及が感染症を予防したため、長寿命化につながった。

イヌとネコの死亡原因のトップ3は?

 だが、好事魔多し。人間様のようにイヌもネコも病気に苦しんでいる。死亡原因のトップ3を見ると、イヌはがん(54%)、心臓病(17%)、腎不全(7%)。ネコはがん(38%)、腎不全(22%)、伝染性腹膜炎(10%)だ(日本アニマル倶楽部「犬・猫 死亡原因病気TOP10」)。

 ディライトクリエイション(東京都港区)が全国200人の飼い主を対象に行った調査によれば、都市部で暮らす飼いイヌは、冷たいコンクリートや焼けたアスファルトの上を歩くためダメージを受けやすく、エアコンによる室内の乾燥で水分を失いやすいことから、肉球の乾燥トラブル(ひび割れやアカギレなどによる歩行障害や関節障害)を抱えているケースが少なくない。

 当サイトでも『灼熱のアスファルト、愛犬の肉球火傷が危ない! ドッグブーツは是か非か?』で取り上げている。

 また、ネコの健康問題として腎不全(血液中の老廃物の排尿障害)が非常に多い。

 東京大学の宮崎徹教授(疾患生命科学)らの研究チームが、英科学誌『サイエンティフィック・リポーツ』(電子版)に発表した報告では、ネコは5〜6歳で急性腎不全になりやすく、腎機能を制御する血液中のタンパク質AIMが働かないため、全体の50~70%程度がおよそ15歳までに慢性腎不全に罹って死ぬ。タンパク質AIMの働きを活用した新薬の開発が進めば、ネコの寿命が延びるだけでなく、人間の腎不全治療の活路も開かれそうだ。

 このようなペットの長命化の一翼を担っているのが「再生医療」と「がん免疫細胞治療」だ。ペットの再生医療とがん免疫細胞治療はおよそ10年前に始まったばかりだが、高齢化に伴う疾病の多様化や慢性化がますます進んでいる。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔