冬は抜け毛が起こりやすい季節 4つの頭皮ケア習慣で対策できる!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GettyImages-1054468034.jpg

抜け毛は頭皮ケア習慣で対策(「Getty Images」より)

 「抜け毛が増えて不安……」最近は薄毛の悩みをもつ女性が少なくありません。シャンプーの時に、ドキッとするほど抜けたり、ブラシにごっそり髪が絡まっていたりすると、なんだか怖くなりますよね。

 発毛治療が専門の「Dクリニック」によれば、抜け毛の相談件数は9月、10月にピークを迎えるとのこと。夏のダメージが現れる秋、さらに空気が乾燥して髪と頭皮にダメージが加わる冬――適切なケアが大事なシーズンが続きます。

 女性の頭髪・薄毛治療を中心に行う「Dクリニック東京ウィメンズ」院長の浜中聡子医師は、「抜け毛が増える時期のケア次第で、その後の薄毛のリスクが増すことがあります」とアドバイスします。

抜け毛の原因は大きく2つあった!

 秋に抜け毛が増えるのは、犬などの動物が冬毛に変わる換毛期を迎えるのと同じように、人間も換毛期の習性が残っているからだといわれています。

 健康な頭皮の人でも一日に100本程度の頭髪は抜けるとされていますが、秋は倍の200本抜ける人もいます。普段より脱毛を感じやすいのは無理もありません。

 また、夏のダメージの蓄積も原因のひとつです。紫外線などによる髪の傷みや頭皮の日焼け、さらに酷暑による秋バテなど、いくつかの原因が重なっているのです。

良質なタンパク質の摂取が大切

 抜け毛を防ぐためには、食事も大切です。カラダが不調になると摂った栄養は、髪より他の大切な機能に優先的に使われます。すると髪への影響が現れやすいので、よりしっかり栄養を摂ることを心がけたいものです。

「髪によい食材は、良質なタンパク質を豊富に含むもの。マメやゴマ、ワカメなどの海藻類、旬の野菜、魚、キノコ類などが挙げられます。これらの食材をバランスよく摂取しましょう。特に旬の食材を摂ることは、とても理にかなっています。積極的に取り入れてください」(浜中医師)

ふだんのケアで気を配るべきことは?

 脱毛が気になる場合、専門のクリニックを利用するのもひとつの方法ですが、ふだんのヘアケアでも気をつけるポイントがあります。浜中医師は、次の4つをアドバスしてくれました。

1.優しく、でもしっかりと洗う 

 毛髪がいつもより抜けると、気にしてシャンプーを控える人がいます。頭皮環境を整えるシャンプーは、手の上でしっかり泡立て、頭皮をやさしく、でも、しっかりと洗いましょう。シャンプー前にブラッシングをして汚れを浮かし、汚れやスタイリング剤で泡立ちが悪い場合は2度洗いしても構いません。

2.頭皮用ローションでの保湿を習慣に 

 ダメージのある頭皮は乾燥しがちです。そのまま放置すると抜け毛リスクはアップします。そこで、シャンプー後にタオルドライをしたら、頭皮を専用ローションで保湿する習慣をつけましょう。

 頭皮用ローションは、抜け毛だけでなくこれから生えてくる髪の健康にも役立ちます。顔に化粧水を使う感覚で、頭皮もローションを使ってうまく保湿することが大切です。

3.カラーやパーマは控えめに 
 
 ダメージの蓄積した頭皮は、ふだんより敏感なため、へアカラーやパーマの薬液がトラブルの引き金になることもあります。しばらく控えたほうがベターでしょう。頭皮の状態をみてくれるヘアサロンもあります。気になる人は相談してみてください。

4.洗髪後の自然乾燥はNG! 

 「ドライヤーの熱で頭皮がより乾燥しそう……」とためらい、自然乾燥するのは絶対にNGです。必要以上に水分が失われてパサつきの原因になります。ほかにも、頭皮の雑菌が繁殖してニオイの原因にも。頭皮環境が悪化すると、抜け毛を助長します。必ずドライヤーで乾かして、健やかな頭皮を維持しましょう。

 抜け毛は老化の予兆だけでなく、身体の調子の変化を知らせるシグナルでもあります。食事からの十分な栄養を摂ることを心がけ、正しい頭皮ケアを習慣化していけば、健康的な髪を手に入れることは夢ではありません。
(取材・文=小澤佐知子)

Dr.hamanaka_a (1).jpg

浜中聡子医師
Dクリニック東京ウィメンズ院長。医学博士。北里大学医学部卒業。女性ホルモンに着目し、心身ともに健康で充実した毎日を過ごすことができるよう、医学的見地からサポート。毛髪や頭皮に関する悩みに丁寧に答えてくれることから、TV、美容・健康系雑誌など、数多くのメディアに登場する人気のドクター。


小澤佐知子
美容ライター。小学館や学研で外部編集者を経験した後、出産を機にフリーランスに転身。以後、美容ライターとして計50誌以上で取材・執筆を行う。
現在はヘアケア・ヘアデザインなど「髪」に関する記事の企画・構成・取材を中心に活動。雑誌や書籍以外にWebサイトでコラムやインタビューの連載を持つ。東京都内のヘアサロンの「ビジュアル監修アドバイザー」として非常勤役員も務める。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波