「病気一般」の記事一覧

コンビニよりも多い歯科医院、乱立とあまりに低い診療報酬で崩壊必至 在宅診療にわずかな望み?

こと歯医者の話になると、「歯医者はえげつない商売をしている」「歯を削っては抜き、抜いては詰め、たんまり稼いでいる」「拝金主義の権化だ。金儲けの亡者だ」そんな掃いて捨てるほどの悪態や痛罵や批判が歯医者の鼻先に浴びせかけられる。 なぜ歯医者は世間から皮肉めいた視線を向けら…続きを読む

コンビニよりも多い歯科医院、乱立とあまりに低い診療報酬で崩壊必至 在宅診療にわずかな望み?

朝に感染症にかかると症状が悪化! バイオロジカルクロックが狂いがちな夜勤の労働者は要注意

イギリスのケンブリッジ大学におけるマウスを使った実験結果によると、ウィルスに感染するタイミング(時間)によって、疾病の度合いが異なるという。ウィルス感染とバイオロジカルクロックの間には密接な関係がありそうだ。 ケンブリッジ大学の研究グループは、インフルエンザウィルスもし…続きを読む

朝に感染症にかかると症状が悪化! バイオロジカルクロックが狂いがちな夜勤の労働者は要注意

緑内障患者が服用してはいけない薬は?「抗コリン作用」の副作用で失明の危険も!

内科で風邪薬をもらう時に、「緑内障はありませんか?」と聞かれたことはありませんか? 同様に、以下のような話を、患者さんから聞くことがあります。 薬局で「あなたの緑内障はどの様なタイプですか?」と聞かれた。薬局で抗アレルギー薬を購入する時に「緑内障で通院中の方は、服用して…続きを読む

緑内障患者が服用してはいけない薬は?「抗コリン作用」の副作用で失明の危険も!
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘