「病気一般」の記事一覧

「インフルエンザ予防接種を毎年受けると効果が低くなる」という俗説を信じるな!

インフルエンザワクチンの不足騒ぎが起きている今年(2017年)、厚生労働省は10月に、13歳以上の任意接種については接種回数を原則1回とすることを徹底し、2回接種を控え効率的に使うよう異例の通達を出した。 接種は1回でも2回でも変わらないのか? あるいは毎年、本当に接種…続きを読む

「インフルエンザ予防接種を毎年受けると効果が低くなる」という俗説を信じるな!

顕微鏡医学の歴史〜歯科での顕微鏡の使用は根管治療からスタート

小学生の頃に虫メガネで草花や昆虫を観察して、肉眼では見ることのできない、その精緻な構造を知り興奮した覚えが誰しもあると思います。ヒトには「見えないものを見てみたい」という欲求があるようです。 今回は顕微鏡の歴史を紐解いてみます。顕微鏡医学の歴史 顕微鏡を最初に…続きを読む

顕微鏡医学の歴史〜歯科での顕微鏡の使用は根管治療からスタート

膣に便がたまって便秘!? 女性の便秘の7割が「直腸瘤」の可能性

便秘の人の排便には、「強くイキまないと出ない」「排便後も便が残っている感じがする」「便意があるのに出ない」などいろいろ。中でも、成人女性が注意したいのが「便意があるのにイキんでも出ない」タイプだ。 イキんでも排便されないのは、肛門から出るべき便が膣の側にたまっていること…続きを読む

膣に便がたまって便秘!? 女性の便秘の7割が「直腸瘤」の可能性 
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆