「病気一般」の記事一覧

「嗅覚の衰え」でパーキンソン病リスクが5倍 しかし新たな治療法の可能性も

嗅覚の減退がパーキンソン病の前兆である可能性を示した後ろ向き研究の結果が「Neurology」9月6日オンライン版に掲載された。 この研究では、米国の高齢者約2,500人を約10年間追跡した結果、嗅覚検査の成績が不良だった群では、最も良好だった群と比べてパーキンソン病を…続きを読む

「嗅覚の衰え」でパーキンソン病リスクが5倍 しかし新たな治療法の可能性も

自殺を防ぐ「いのちの電話」~肝心の相談員が集まらない全国共通の問題点とは?

9月10日から16日までは「自殺予防週間」にあたる。これは2007年に閣議決定された「自殺総合対策大綱」によって定められ、9月10日の「世界自殺予防デー」にちなんで、毎年、同日からの一週間を、国民に自殺や精神疾患についての正しい知識を普及啓発する期間としている。 この期…続きを読む

自殺を防ぐ「いのちの電話」~肝心の相談員が集まらない全国共通の問題点とは?

加齢黄斑変性症にはサプリメントが効く!?早期治療で費用対効果が高いという研究結果

米ワシントン大学眼科学のAaron Lee氏らの研究チームは、加齢に伴いリスクが高まる眼疾患の加齢黄斑変性症の患者の視力維持に有効とされる安価なサプリメントは、費用対効果にも優れているとする研究を『British Journal of Ophthalmology』8月23日…続きを読む

加齢黄斑変性症にはサプリメントが効く!?早期治療で費用対効果が高いという研究結果
脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆