シリーズ「これが病気の正体!」第13回

【閲覧注意】巨大血腫で脳が変形~脳出血が起きると脳はこうなる

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【閲覧注意】高血圧がもたらす脳出血~血圧コントロールで防ぐの画像1

高血圧性脳出血(モザイク入り)

 「高血圧性脳出血」は「脳卒中」全体の15%を占める。高血圧による「脳動脈穿通枝(細い脳内枝)」の血管壊死と、それで生じた小動脈瘤の破裂が原因となる。

 減塩(=食事指導)や高血圧治療によって減少傾向にはあるものの、「高血圧」はいまだ関心の薄い人が多い。近年は高齢者ばかりでなく、若い人にも高血圧は少なくない。

 高血圧性脳出血は、「被殻出血(外側型脳出血)」が45~55%と最も多い。30~35%を占める視床出血(内側型脳出血)が、それに次ぐ。脳の部位のである橋(きょう)や小脳に出血することもあり、しばしば重症になる。

 背景には、必ず高血圧がある。未治療や途中で治療を止めてしまうと脳出血のリスクが高まる。

 危険因子は、①高血圧、②HDLコレステロールの低値、③MRI検査でわかる病状のないラクナ梗塞(脳内深部の小さな梗塞巣)の多発、の3つだ。発症時の症状は、ろれつが回らないことや歩行不可能、麻痺などがある。

 臨床的には、出血した部位に応じた麻痺症状とともに、脳圧亢進による頭痛、嘔吐、意識障害がみられる。「被殻出血」と「視床出血」の違いは眼に表れる。前者では、病巣をにらみつけるように両眼が寄る(共同偏位)が、後者では眼が両方とも下に向く(下方偏位)。

 発症後1時間以内に「深昏睡」となる場合や、橋出血/高度の小脳出血は死亡率が高い。手術による血腫除去の対象となるのは、大量(30ml以上)の被殻出血や、3~4cm以上の大きさの小脳出血だ。

堤寛(つつみ・ゆたか)

つつみ病理相談所http://pathos223.com/所長。1976年、慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍。2001〜2016年、藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。2017年4月~18年3月、はるひ呼吸器病院・病理診断科病理部長。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書、電子書籍)『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス、電子書籍)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)、『患者さんに顔のみえる病理医からのメッセージ』(三恵社)『患者さんに顔のみえる病理医の独り言.メディカルエッセイ集①〜⑥』(三恵社、電子書籍)など。

堤寛の記事一覧

堤寛
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆