「病気一般」の記事一覧

アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。 世界アレルギー機構(WAO)によれば、この数十年の間に、全世界の都市部でアトピー性皮膚炎の患者数が増え続けている。また、世界各国でアトピー性皮膚炎の研究は行われてきたが、いまだに原因不明。アメリカの国立衛生研究所と慶應大学…続きを読む

アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも

心臓手術は午後に行うと術後リスクが低い!体内時計の影響を受ける心臓の修復

リール大学(フランス)のDavid Montaigne教授らの研究グループは、心臓手術(大動脈弁置換術)は「午前」よりも「午後」に実施したほうがより良好な転帰につながるとする研究成果を「The Lancet」10月26日オンライン版に発表した(「HealthDay News…続きを読む

心臓手術は午後に行うと術後リスクが低い!体内時計の影響を受ける心臓の修復

乳房インプラントで「血液がん」の発症リスク?ほぼ全ての患者に「未分化大細胞リンパ腫」の症例

米ペン・ステート・ヘルス・ミルトン・S・ハーシー医療センター形成外科のDino Ravnic氏らの研究チームは、「テクスチャードタイプ」と呼ばれる表面がざらざらとしたタイプの「乳房インプラント」を使用すると、まれな「血液がん」の一種である「未分化大細胞リンパ腫(ALCL)」…続きを読む

乳房インプラントで「血液がん」の発症リスク?ほぼ全ての患者に「未分化大細胞リンパ腫」の症例
美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆