ストレスが多い仕事は不整脈のリスクが1.5倍に! 心臓病の予防にはストレス管理を

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ストレスが多い仕事は不整脈のリスクが1.5倍に!  心臓病の予防にはストレス管理をの画像1

職業性ストレスがある人は心房細動リスクが1.48倍に(depositphotos.com)

 仕事のストレスで参っている人は、この研究結果を知っておいたほうがいいかもしれない――。

 ヨンショーピング大学(スウェーデン)保健福祉学部のEleonor Fransson氏らによる研究から、「仕事のストレスが多い人は、過度なストレスがない人と比べて、不整脈の一種である心房細動を発症するリスクが約1.5倍になる可能性」が示された。

詳細は『European Journal of Preventive Cardiology』(5月30日オンライン版)に掲載された。

 心房細動は、不整脈の中で最も高頻度に見られるもので、動悸や脱力感、疲労感などの症状が現れる。これまでの研究で、脳卒中の20~30%は心房細動が原因で発症し、心房細動があると早期死亡リスクが高いことも分かっている。

1万3200人のうち145人が心房細動を発症

 Fransson氏らは今回、スウェーデンで実施された労働衛生調査(Swedish Longitudinal Occupational Survey of Health;SLOSH)の2006年、2008年および2010年のデータを用いて、仕事のストレス(職業性ストレス)と心房細動リスクの関連について検討した。

 対象は、心房細動や心筋梗塞、心不全の既往歴がなく、雇用されている男女1万3200人。対象者には「仕事は大変か、急がなければならないか」「単純なルーチン作業が多いか」「仕事の方法などは自分で決められるか」などを具体的に尋ね、職業性ストレスの程度を評価した。

 なお、仕事の要求度が高く、裁量権が小さいほど職業性ストレスは高く、ライン作業の従事者やバスの運転手、秘書、看護師などは、特に職業性ストレスが高いとされている。

 その結果、中央値で5.7年の追跡期間中に、145人が心房細動を発症。さらに解析すると、職業性ストレスがある人では、ストレスがない人と比べて、心房細動リスクは1.48倍であることが分かった。

 こうした関連は、喫煙状況や運動量、体格指数(BMI)、高血圧などで調整した解析でも認められた。さらに、このデータを他の2件の研究データと統合してメタ解析を実施したところ、職業性ストレスがあると心房細動リスクは37%上昇することが示された。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇